*

グレープフルーツアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/08/01 食物アレルギー


グレープフルーツを食べた際に具合や気分が悪くなった、肌に痒みを感じたなどの異常があった場合、グレープフルーツに対するアレルギーがあると考えられます。
グレープフルーツも多くのほかの種類の果物と同じように、アレルギーの原因となる可能性がある食べ物です。

グレープフルーツアレルギーの症状は?

口に入れたときに舌や口の中に痛みを感じる、口のまわりに発疹が出る、顔や手に蕁麻疹(じんましん)があらわれる、頭痛、腹痛、吐き気やめまい、症状が重くなると発作を起こすなどの危険性があります。

果物アレルギーを起こしやすい人

果物アレルギーを持つ人の場合、ゴムアレルギーや花粉症といったほかのアレルギーとの関連性が高いと言われています。
特にゴムアレルギーはその可能性が高く、まとめてラテックス・フルーツ症候群と呼ばれることもあります。
ゴム製品に触れたときに蕁麻疹が出たり、気分が悪くなった経験がある場合は、何らかの果物に対しても同様の反応を見せることがあります。
花粉症の症状がある場合は、症状が出ている時期に果物をたくさん食べると体に異常を感じるなどのケースがあります。
ただし、ゴムアレルギーや花粉症だからといって、必ず果物でも症状が出るというものではなく、症状には個人差があることがほとんどです。

グレープフルーツアレルギーの予防法

果物に対するアレルギーは果物そのものに原因がある場合と、皮に残っている農薬が原因の場合があります。
最初は食べても平気だったのに、体の中に徐々に蓄積していった農薬が原因で突然体の不調を訴える人もいます。
特に子供の場合は、農薬の影響を受けやすいので注意が必要です。
グレープフルーツは真ん中から半分に切ってスプーンで果肉だけを食べることも多く、皮に関してはそこまで気にしていない人も多いでしょう。
ですが皮に残っている農薬の影響を考え、よく洗うことがポイントです。
また、果物は熱を加えて調理するとアレルギーの反応が起こりにくくなると言われています。
生で食べるのではなく、お菓子の材料として熱を利用した加工をするなどの工夫もできます。

スポンサーリンク

関連記事

椎茸アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

きのこの独特な食感は、人によって好き嫌いが分かれがちです。 特に椎茸は、数あるきのこ類の中でも

記事を読む

生魚アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

世の中にはさまざまなアレルギーがありますが、その中の一種に生魚に関するアレルギーがあります。

記事を読む

さつまいもアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

さつまいもは栄養価も高く、蒸したり茹でたりするだけでも食べられるので、赤ちゃんの離乳食に利用する

記事を読む

ブルーベリーアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ブルーベリーそのものが原因のアレルギーは比較的少ないのですが、口腔アレルギー症候群には注意が必要

記事を読む

甲殻類アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

甲殻類アレルギーとは、主にエビやカニ・シャコなどを食べたときに起こるアレルギー反応です。 食物

記事を読む

大豆アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ほかのアレルギー原因となる食品と同じように、豆に対するアレルギー反応が起きる場合があります。

記事を読む

レモンアレルギー

レモンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 レモンアレルギーの原因は、レモンを体内に摂取、または接触、抵触をする事に

記事を読む

しいたけアレルギーの特徴

しいたけアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

しいたけアレルギーについて みなさんはしいたけアレルギーについて知っていますか? 今回はしい

記事を読む

イチゴアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

イチゴアレルギーとは、イチゴに対してアレルギー反応をみせることをいいます。 果物アレルギーの一

記事を読む

わさびアレルギーの特徴

わさびアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

わさびアレルギーについて 実はみなさんわさびアレルギーというアレルギーがあることを知っています

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑