*

椎茸アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/08/07 食物アレルギー


きのこの独特な食感は、人によって好き嫌いが分かれがちです。
特に椎茸は、数あるきのこ類の中でも食べられないという人が多いです。
そんな椎茸も、食べるとアレルギーを引き起こしてしまうケースがあります。
ここでは、椎茸アレルギーについてお話していきたいと思います。

椎茸アレルギーの症状

椎茸アレルギーは、ほかのアレルギーと同様、体中に湿疹ができたり、皮膚が赤く腫れあがったりします。
症状自体はたいしたことがないようにも見えますが、実際アレルギー反応を起こしてしまうとかなりつらいです。
場合によってはおなかをくだしてしまうこともあるようなので、くれぐれも気をつけなくてはいけません。

椎茸アレルギーが起こる原因

そもそも、なぜ椎茸アレルギーによる症状が起こってしまうのか。
それは、しいたけに含まれるレンチナンやチロシンというアレルゲン物質が原因とされています。
しかし、アレルゲンに関しては詳しい事実が解明されていないので、自分でアレルギーを引き起こさないよう対策する必要があります。

アレルギー対策

まず、椎茸を使った料理を食べないということが大事です。
自炊する場合は自分自身で注意することができますが、外食する場合や惣菜を買ったりする場合は、原材料に椎茸が使われていないかしっかり確認しましょう。
アレルギーの原因がしっかり解明されていないとはいえ、自分で対策することは可能です。
逆に、椎茸を少量ずつ摂取して体に慣れさせてゆく対症療法も最近では注目されています。
もちろん、いっぺんに多量の椎茸を摂取してしまうとアレルギー反応を引き起こしてしまうので、その点は注意しなくてはなりません。
また、しいたけを食べたことによって、全身にかゆみが起こったり、体に異常が起こったりすることを、しいたけ皮膚炎とも呼びます。
食物アレルギーは、場合によってはアナフィラキシーショックによって死に至るケースもあります。
また、咀嚼しなくても、くちびるに触れただけ、なめただけで症状が発症してしまうこともありますので、十分に気をつけなくてはなりません。

スポンサーリンク

関連記事

イチジクアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

イチジクアレルギーは果物によるアレルギーの一種です。 果物によるアレルギーの発症率は低いものと

記事を読む

くるみアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

くるみもアレルギーの原因となるアレルゲンを含んでいる食品です。 くるみによるアレルギーの症例は

記事を読む

ナスアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

近年さまざまな食べ物でアレルギー反応を起こし、好きなものを好きなように食べる楽しみが減りつつあり

記事を読む

即時型アレルギーと遅延型アレルギー

ある特定の食物を食べて、体に不快な症状を引き起こす食物アレルギーを持つ人が増えています。

記事を読む

食物アレルギーの対処法:アレルゲンフリーの食品を使ってみましょう

食べたくても、食物アレルギーを持っていることで思うままに食べることができない人がいます。

記事を読む

さくらんぼアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

食物アレルギーは食べ物の数だけ症例があると言われていますが、さくらんぼもアレルギーを引き起こす可

記事を読む

小麦アレルギー

小麦グルテンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

小麦グルテンアレルギーとは? みなさんは小麦グルテンアレルギーについて聞いたことはありますか?

記事を読む

乳児の食物アレルギーは寛解しやすい

50年ほど前まで、日本ではほとんどアレルギーと呼ばれる症状はありませんでした。 しかしなが

記事を読む

バナナアレルギーの特徴

バナナアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

バナナアレルギーとは みなさんはバナナアレルギーがあるということを知っていますか? 実はバナ

記事を読む

マカダミアナッツアレルギーの特徴

マカダミアナッツアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

みなさんはマカダミアナッツアレルギーについて聞いたことがありますか?実はピーナッツアレルギーでだ

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑