*

粉ミルクアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/08/02 食物アレルギー


手軽につかえる粉ミルクですが、赤ちゃんにアレルギー反応があらわれることがあります。
ミルクアレルギーのほとんどは生後3ヶ月以内、特に生後2週間~6週間に集中していると言われています。
粉ミルクアレルギーはどんなものなのでしょうか。

粉ミルクアレルギーによる症状

粉ミルクアレルギーの症状としては、発熱や下痢、血便、皮膚の発疹、嘔吐、じんましん、かゆみ、充血、咳、アトピー性皮膚炎などが挙げられます。
状態が悪化すると無呼吸発作や血圧低下などが起こることもあり、危険がともないます。
放っておくとより重症化する恐れがあるので、早めに対処する必要があります。
どんな症状がどの程度でるかは、赤ちゃんによって異なります。
すべての赤ちゃんに同様の症状が確認されるというわけではありません。

粉ミルクアレルギーの原因

通常飲まれる牛乳も、母乳の代わりとして用いられる粉ミルクも、牛の乳をもとにしてつくられたものです。
そのため、母乳に含まれるたんぱく質とは成分がちがい、体に異物だと判断されてしまうことがあります。
体が異物と判断すると体では抗体がつくられ、再び粉ミルクを摂取したときに過剰反応してアレルギー症状があらわれてしまうのです。

粉ミルクアレルギーの予防

赤ちゃんにあげるのは母乳が最適とされていますが、さまざまな理由から粉ミルクをつかわなければいけないことはあります。
そういった場合は、はじめから一般的な粉ミルクを用いるのではなく、ペプチドミルクを飲ませるといいでしょう。
ペプチドミルクでれば、アレルギー症状は出づらくなると言われています。
ペプチドミルクは粉ミルク同様に、牛乳が原材料としてつかわれています。
しかし、牛乳を加水分解することで分子量を小さくしているため、赤ちゃんが口にしたときに異物と判断され抗体がつくられにくいと言われています。
とはいえ、牛乳のたんぱく質を完全に分解しているということではないので、すでにミルクアレルギーの症状が見られる場合は意味がありません。

スポンサーリンク

関連記事

ピーナッツアレルギー

ピーナッツアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 ピーナッツアレルギーは、牛乳、卵と同様の3大アレルゲンの1つとして、海外

記事を読む

栗アレルギーの特徴

栗アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

栗アレルギーの原因は、栗を体内に摂取、または接触する事により、アレルギーを発症してしまうものです

記事を読む

ナッツアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

小さな粒で栄養価が高いことから、ダイエットなどのときの間食や、ちょっとしたおつまみ、そのほか菓子

記事を読む

穀物アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

突然ですが、普段わたしたちが食べている炭水化物のほとんどは、穀物からできています。 白米の元で

記事を読む

シナモンアレルギー

シナモンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 シナモンアレルギーの原因は、シナモンを体内に摂取する事により、アレルギー

記事を読む

香辛料アレルギーの特徴

香辛料アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

香辛料アレルギーの原因は、アレルギーの要因となる特定の香辛料(または、複数の香辛料)を体内に摂取

記事を読む

グレープフルーツアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

グレープフルーツを食べた際に具合や気分が悪くなった、肌に痒みを感じたなどの異常があった場合、グレ

記事を読む

生児・乳児消化管アレルギーとは?その症状とは?

アレルギーという言葉は、すでに一般的に使用されるようになって久しくなります。 とくに食物ア

記事を読む

青魚のアレルギーの特徴

青魚のアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

みなさんは青魚のアレルギーについてどのような考えをお持ちですか?青魚のアレルギーはヒスタミンによ

記事を読む

りんごアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

数ある果物の中でも、りんごはとても有名で日本人にはよく食べられています。 そんなりんごですが、

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑