*

パイナップルアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/07/31 食物アレルギー


パイナップルを多く食べていると舌がヒリヒリと痛んだという経験を持っている人は多いのではないでしょうか。

パイナップルによる舌のヒリヒリは、アレルギー反応である場合と、アレルギー反応でない場合の2パターンがあります。

今回は舌がヒリヒリする症状を伴うことの多い、パイナップルアレルギーについて紹介していきます。

パイナップルアレルギーの原因

パイナップルアレルギーは口腔アレルギー症候群が主な原因になっています。
パイナップルのアレルゲンとなる物質が、ゴム製品に使用されている木の樹液(ラティックス)の成分と非常に似ており、こういったゴム製品のアレルギー(ラティックスアレルギー)のある人がパイナップルを摂取すると、アレルゲンであるラティックスが体内に侵入したと勘違いしてアレルギー症状を起こしてしまうのです。

パイナップルアレルギーの症状

口腔アレルギー症候群が主な原因なので、パイナップルが触れた唇や口内、喉などのかゆみやイガイガ感が主な症状となります。

一般的に症状はさほどひどくはないのですが、もともとアレルギー体質だったりした場合には症状が重く出たり、アナフィラキシー症状を起こして命にかかわることもあるので、注意が必要です。

パイナップルアレルギー対策

アレルギーかどうかを確かめる

パイナップルを食べたときの舌のヒリヒリ感は、アレルギーによるものと、アレルギーで起きているのではない場合があります。

自分がパイナップルを食べて起きる症状が、アレルギーと関係しているのかどうかを確かめる必要があります。

病院などで検査をしてもらえばすぐにわかります。

アレルギーでない場合

パイナップルに含まれている「ブロメライン」という成分が原因になります。
この成分はたんぱく質を分解する酵素であり、舌のたんぱく質を溶かしてしまうことで、舌が剥き出し状態になり、パイナップルの酸がしみてヒリヒリしてくるのです。

「ブロメライン」は熱に弱い性質を持っているため、加熱すれば何の症状も起きることなく食べることができます。

アレルギーの場合

重篤な症状が起きなければ、少量であったり、加熱したり、缶詰を食べたりすることができます。
しかし、場合によってはアナフィラキシー症状を起こすことがあるので、慎重に食べる必要があります。

アレルギー症状があらわれ、だんだんひどくなるようであれば早急に病院を受診しましょう。

スポンサーリンク

関連記事

ブロッコリーアレルギーの特徴

ブロッコリーアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ブロッコリーアレルギーの原因は、ブロッコリーを体内に摂取する事により発症するアレルギーだと思われ

記事を読む

びわアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

シラカバの花粉のアレルゲンと似た構造のアレルゲンを持つ果物にびわがあります。 このため、シラカ

記事を読む

イースト菌アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

イースト菌アレルギーとは、カビが原因で起こるアレルギーのことです。 イースト菌というとまずパン

記事を読む

肉アレルギーの特徴

肉アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

肉アレルギーって一体何? みなさんは卵や乳製品でアレルギーが起ることはご存知でしょうか。 肉

記事を読む

スパイスアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

スパイスは料理の味のアクセントとして用いられるだけでなく、香水や化粧品など多くの商品に含まれてい

記事を読む

イワシアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

イワシを食べたあとに体調が悪くなった場合、イワシアレルギーの可能性もありますが、別の症状を起こし

記事を読む

ラーメンアレルギーの特徴

ラーメンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ラーメンアレルギーの原因は、ラーメンそのものにアレルゲンがあるわけではないと思われます。 ラー

記事を読む

大豆アレルギーの特徴

大豆アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

大豆アレルギーの原因は、大豆を体内に摂取する事により、アレルギーを発症するものであると言われてい

記事を読む

ココナッツアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ココナッツアレルギーとは、ココナッツを食べたり、ココナッツの成分が肌に触れたりすることでアレルギー症

記事を読む

ハチミツアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ハチミツをなめたり、飲み物に入れて食したときに喉の痛みを感じたり、腹痛や下痢を起こす人がいます。

記事を読む

水疱性類天疱瘡を詳細に:原因,症状,検査,治療など

水疱性類天疱瘡とは 水疱性類天疱瘡(すいほうせいるいて

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

→もっと見る

PAGE TOP ↑