*

ショートニングアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/10/10 食物アレルギー


ショートニングとは、主に植物の油を原料とした油脂の一種で、マーガリンをはじめとする多くの商品に用いられています。
このショートニングが含まれている食べ物を摂取することによって、アレルギー反応を起こしてしまう場合があるのです。

ここではこのショートニングアレルギーについて調べてみました.

ショートニングアレルギーの原因とメカニズム

ショートニングをつくる工程の中で、不飽和脂肪酸の二重結合部分を飽和させるため、水素を添加させるのですが、その際に脂肪酸の一部がトランス脂肪酸に変化します。
このトランス脂肪酸を一定量以上摂取することで、人体にいろいろな被害を及ぼすことがわかってきています。
コレステロールの中でも、悪玉と呼ばれるLDLコレステロールを増やし、善玉と呼ばれるHDLコレステロールを減らすため、冠動脈性の心疾患や糖尿病のリスク、メタボリックシンドローム、脂質異常、高血圧、高血糖などのリスクが増大することがわかっています。
また、体内で炎症反応を起こすことによって、アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎、ぜんそくなどのアレルギー症状を引き起こすと考えられています。

ショートニングアレルギーの人が避けたい商品

ショートニングアレルギーは、ショートニングに含まれるトランス脂肪酸が原因ということがご理解いただけたと思います。
それでは、トランス脂肪酸を含む製品や、食品にはいったいどういったものがあるのでしょうか。
・マーガリン
・ファットスプレット
・ショートニング
・ファーストフード店のフライドポテトやフライドチキンなどの揚げ物
・ショートニングを使用したビスケットやパン、ケーキなどの菓子類
などが挙げられます。
ショートニングアレルギーがあると分かった場合には、これらの食品を避けたほうがいいです。

ショートニングアレルギーの人が気をつける点

ショートニングアレルギーの場合、ほかの食品アレルギーと違って、症状が全身に及ぶことがあり、ショートニングアレルギーとは気が付かない場合があります。
アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎などのアレルギー症状が起きてから、検査してみてショートニングアレルギーだと知ったという人も多いくらいです。
多くの食品や外食の際の油物などに多く含まれるため、完全に食べないようにしましょうといっても無理な話だとは思いますが、次のようなことに注意するといいでしょう。

マーガリンをバターに変える

マーガリンの中にはショートニングと同じトランス脂肪酸が多く含まれています。
料理などに使うならマーガリンよりバターを使ったほうがいいです。

食品表示をよく見る

パンやお菓子などは外装に食品表示がされています。
この中に、マーガリンやショートニング、ファットスプレットなどといった表示があれば避けたほうがいいでしょう。

アレルギー以外にもいろいろな人体への被害が報告されているトランス脂肪酸は、なるべく摂取しないように心がけたいものです。

スポンサーリンク

関連記事

ホタテアレルギー

ホタテアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 ホタテ貝を体内に摂取する事で、ホタテ貝に含まれている何らかの成分によって

記事を読む

スパイスアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

スパイスは料理の味のアクセントとして用いられるだけでなく、香水や化粧品など多くの商品に含まれてい

記事を読む

小麦アレルギー

小麦グルテンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

小麦グルテンアレルギーとは? みなさんは小麦グルテンアレルギーについて聞いたことはありますか?

記事を読む

生児・乳児消化管アレルギーとは?その症状とは?

アレルギーという言葉は、すでに一般的に使用されるようになって久しくなります。 とくに食物ア

記事を読む

乳児の食物アレルギーは寛解しやすい

50年ほど前まで、日本ではほとんどアレルギーと呼ばれる症状はありませんでした。 しかしなが

記事を読む

イワシアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

イワシを食べたあとに体調が悪くなった場合、イワシアレルギーの可能性もありますが、別の症状を起こし

記事を読む

ゼラチンアレルギー特徴

ゼラチンアレルギー特徴・症状・対策・仕組みなど

ゼラチンアレルギーについて プリンや寒天など様々な食品に使われているゼラチンですが、そのゼラチ

記事を読む

香辛料アレルギーの特徴

香辛料アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

香辛料アレルギーの原因は、アレルギーの要因となる特定の香辛料(または、複数の香辛料)を体内に摂取

記事を読む

食物アレルギーの対処法:アレルゲンフリーの食品を使ってみましょう

食べたくても、食物アレルギーを持っていることで思うままに食べることができない人がいます。

記事を読む

加工食品のアレルギー表示:<義務品目>7品目と<推奨品目>20品目

特定の食物を接することで、アレルギー反応を起こす人が増えてきました。 そのため、平成14年

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑