*

ヒスタミンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/09/25 食物アレルギー


魚を食べたあとに吐き気や腹痛で具合が悪くなった、体に痒みを感じたなど、もしかしてアレルギー?と思うようなケースがあります。
魚に対するアレルギーの可能性はもちろんあるのですが、ヒスタミンによる中毒症状の場合もあります。
ヒスタミンによる中毒症状では、魚アレルギーを起こした時と似たような症状が現れますが、「アレルギー」とは異なるものです。

ヒスタミンによるアレルギー?

ヒスタミンが原因で起こる症状はアレルギーとは違うもので、ヒスタミン中毒と呼ばれます。
原因となるのはマグロ、サンマなどの赤身の魚です。
これらの赤身の魚に含まれるヒスチジンという成分が、酵素の働きによってヒスタミンになり、それを食べることで中毒症状を起こすのです。
調理してから時間が経った魚を食べたり、腐りかけの食材を食べてしまうことが原因となって起こる可能性が高いと言われています。
極まれに、海中にいる時点でヒスタミンが付着している魚もいるようです。

ヒスタミン中毒の症状

食後1時間以内に、顔や体の赤み、痒み、蕁麻疹(じんましん)などが現れたり、吐き気や腹痛、下痢、めまいなどアレルギーとよく似た症状が現れます。
呼吸困難などの重い症状になる場合もあるので、油断は禁物です。

ヒスタミン中毒を防ぐには

まず、ヒスタミンが生成されにくい環境で魚を保存、調理しましょう。
新鮮なうちに調理し、調理したものは早めに頂きます。
調理したあとのものも冷蔵庫など低温の場所での保存が鉄則です。
干物、煮干しなども常温での保存よりは低温での保存がおすすめです。
ヒスタミンは一度生成されると加熱や冷凍などで壊れることがないので、生成される前に調理して食べてしまうのが一番の予防になります。

魚以外でヒスタミン中毒になる可能性のある食品は?

主に赤身の魚が原因となりますが、海外ではハムや鶏肉、チーズが原因となったケースもあります。
食品は新鮮なうちに、おいしく頂くようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

たけのこ アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

春になると食卓に上る回数の増えるたけのこ。 たけのこを食べたり、たけのこ堀りに行ったりするとい

記事を読む

納豆アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

納豆を食べたあと、しばらくするとなんとなく調子が悪くなる。 このような状態がしばらく続いている

記事を読む

トロポミオシン アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

トロポミオシンアレルギーといっても聞いたことがないという人も多いのではないでしょうか。 簡単に

記事を読む

キウイアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

果物のキウイを食べたり、果汁に触れたりした際に何らかのアレルギー反応を起こせば、キウイアレルギー

記事を読む

ハチミツアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ハチミツをなめたり、飲み物に入れて食したときに喉の痛みを感じたり、腹痛や下痢を起こす人がいます。

記事を読む

レモンアレルギー

レモンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 レモンアレルギーの原因は、レモンを体内に摂取、または接触、抵触をする事に

記事を読む

わさびアレルギーの特徴

わさびアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

わさびアレルギーについて 実はみなさんわさびアレルギーというアレルギーがあることを知っています

記事を読む

卵アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

卵アレルギーは鶏卵もしくは鶏卵を原材料とした食品を摂取することで、引き起こされるアレルギー反応の

記事を読む

マンゴーアレルギーの特徴

マンゴーアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

マンゴーアレルギーの原因は、マンゴーを体内に摂取する事により、アレルギー反応を引き起こすものであ

記事を読む

鶏肉アレルギーの特徴

鶏肉アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 鶏肉アレルギーの原因は、鶏肉を体内に摂取、 または鶏肉に接触するなどを

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑