*

食物アレルギーに耐性化しやすい食品としにくい食品

公開日: : 最終更新日:2015/12/16 食物アレルギー

食物アレルギーを発症する年齢は、小さな子どもに多いとされています。

実は0歳児が一番多く、年齢を経るごとにアレルギーの原因となる食物は増えていきますが、体質も変わりこれまで
アレルギーを引き起こしてきた食物には反応しづらくなるというのです。

こうした耐性化がみられる食品もあれば、そうでない食品もあるとされています。

耐性化しやすい食品としにくい食品には、どのような違いがあるのでしょうか。

耐性化しやすい食品

年齢と共に耐性化しやすい食品には、卵や牛乳、小麦、大豆があります。

これらの食品には、年齢を経るとともに摂取してもアレルギーが誘発されなくなる耐性化が見られるのです。

耐性化しやすい食品とは、年齢を経るとともにその食品に対する耐性が体の中で整うということでもあります。

たとえば、消化器官や免疫機能が発達するためなど、成長により各種機能が強く丈夫になっていくからでしょう。

耐性化しにくい食品

一方で、耐性化しにくい食品にはピーナッツやナッツ類、甲殻類、魚、ゴマなどがあげられます。

これらの食品は、年利を経てもアレルギーの寛解を得にくいとされているのです。

さらに、蕎麦や果物類といったものが加わると、年長児から成人の発症が多く耐性化しにくいことが分かっています。

現在は食物アレルギーを治療するために、対象となる食物を医師の管理下のもとに少量ずつ摂取する治療が行われています。

しかしながら、この経口免疫療法はすぐに治療を開始できるものではありません。

アレルゲンが確定してから、耐性化しやすい食品としにくい食品で開始が違ってくるのです。

耐性化しやすい卵、牛乳、小麦では12から18か月後に治療を開始することができます。

けれども大豆では1年後、ピーナッツやナッツ、魚では3年後に治療を開始することが多いのです。

これは、食物アレルギーの反応で最も重度とされるアナフィラキシーなどが発症することを予防するためでもあります。

個人差が大きいことですから、専門機関での治療を受けることをおすすめします。

スポンサーリンク

関連記事

アーモンドアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アーモンドアレルギーとは、アーモンドを体に取り入れたために起こるアレルギー症状のことを言います。

記事を読む

タンパク質 アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

人体の筋肉を作るための主要な栄養素であり、人の身体にはなくてはならないたんぱく質ですが、このたん

記事を読む

セロリアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

日常的な食生活の中で食卓によくあがる食材にセロリがあります。 独特な触感や味などから好き嫌いも

記事を読む

ピーナッツアレルギー

ピーナッツアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 ピーナッツアレルギーは、牛乳、卵と同様の3大アレルゲンの1つとして、海外

記事を読む

食物アレルギーの対処法:アレルゲンフリーの食品を使ってみましょう

食べたくても、食物アレルギーを持っていることで思うままに食べることができない人がいます。

記事を読む

穀物アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

突然ですが、普段わたしたちが食べている炭水化物のほとんどは、穀物からできています。 白米の元で

記事を読む

うどんアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

うどんアレルギーの場合、それは小麦アレルギーと呼ばれるものです。 うどんに含まれる小麦にアレル

記事を読む

イチゴアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

イチゴアレルギーとは、イチゴに対してアレルギー反応をみせることをいいます。 果物アレルギーの一

記事を読む

いくらアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

いくらアレルギーとは、いくらを食べることで何らかのアレルギー症状を起こす場合のことを言います。

記事を読む

トロポミオシンアレルギーの特徴

トロポミオシンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

トロポミオシンアレルギーについて トロポミオシンアレルギーという名称について聞いたことがある人

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑