*

乳児の食物アレルギーは寛解しやすい

公開日: : 最終更新日:2015/12/20 食物アレルギー


50年ほど前まで、日本ではほとんどアレルギーと呼ばれる症状はありませんでした。

しかしながら、現在では国民の3人に1人がアレルギーを持っているという状態になっています。

その中でも、とくに食物アレルギーの増加はここ15年で急激に増加しているような状況であり、1歳未満の乳児でも発症してしまう言われています。

アレルギーの有無を見極める

アレルギーという言葉を、日常でもよく耳にするようになりました。

けれども実は本当にアレルギーを持っているかどうかは、専門医でも見極めが難しい場合があるのです。

とくに食物アレルギーは、本人の偏食や思い込みである場合も多く、乳児の場合には言葉で上手に表現することができませんから、注意深く診断する必要があります。

食物のほかにペットとの接触、栄養素は母乳から摂っているのか市販の粉ミルクであるのか…などを見極める必要があるのです。

問診と共に、皮膚テストなどを経てアレルギーの検査を行います。

反応を示すアレルギーを特定し、どのような症状が出るのかを把握するのです。

アレルギーの治療

現在では、アレルギーがあるからといって、その食物を避けていくだけが対処法ではありません。

たしかに、現在はアレルギー対策が整いつつあり、学校給食でもアレルギー対応の特別食が作られています。

お菓子類などでも、特定のアレルギーを引き起こす可能性のある材料は表示されるようになりました。

しかしながら、別の食事を用意することも大変な手間になりますし、小さい頃に食べられないものがあるということは栄養の偏りも心配です。

そこで、幼稚園に入ったり入学するタイミングで、アレルギー食物を調べ、少しずつその食物を食べることができるようにする経口免疫療法という治療方法があります。

外来や入院で行うことができますが、半年から一年ほどの時間が必要となる方法です。

時間はかかりますが、乳幼児の場合、治療を行った後には90%程度が自然寛解を期待することができるというデータがあります。

一方で、成人まで持ち越してしまうというケースがありますが、とても成果の高いアレルギー治療ということができるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

卵白アレルギーの特徴

卵白アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

卵白アレルギー みなさんは卵白アレルギーについてご存じですか?食物アレルギーには様々な種類があ

記事を読む

鶏肉アレルギーの特徴

鶏肉アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 鶏肉アレルギーの原因は、鶏肉を体内に摂取、 または鶏肉に接触するなどを

記事を読む

甲殻類アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

甲殻類アレルギーとは、主にエビやカニ・シャコなどを食べたときに起こるアレルギー反応です。 食物

記事を読む

生児・乳児消化管アレルギーとは?その症状とは?

アレルギーという言葉は、すでに一般的に使用されるようになって久しくなります。 とくに食物ア

記事を読む

食物依存性運動誘発アナフィラキシーとは?その対処法とは?

食物でアレルギーの症状を引き起こす人が、近年増えているという報告があります。 アレルギーは

記事を読む

加工食品のアレルギー表示:<義務品目>7品目と<推奨品目>20品目

特定の食物を接することで、アレルギー反応を起こす人が増えてきました。 そのため、平成14年

記事を読む

ねぎアレルギの特徴・症状・対策・仕組みなど

ねぎやたまねぎは昔から身体に良い食べ物として重宝され、多くの料理などに用いられてきました。

記事を読む

アボガドアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アボガドアレルギーとは、アボガドを食べることで体がアレルギー反応を起こす症状のことを言います。

記事を読む

さつまいもアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

さつまいもは栄養価も高く、蒸したり茹でたりするだけでも食べられるので、赤ちゃんの離乳食に利用する

記事を読む

タンパク質 アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

人体の筋肉を作るための主要な栄養素であり、人の身体にはなくてはならないたんぱく質ですが、このたん

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑