*

食物アレルギーを診断する上で最も確実な方法 経口負荷試験

公開日: : 最終更新日:2015/11/27 食物アレルギー


近年、食物アレルギーにより、特定の食べ物を口にすると体に異状反応が出てしまう人が子どもを中心に増加しています。

口径負荷試験は、何の食物に反応するかを見極めるために必要な手段で、確実な診断方法であるとされています。

今回は口径負荷試験について、詳しくまとめてみましたので、参考情報としてお役立ていただけると幸いです。

経口負荷試験

経口負荷試験は通常、入院または外来で行われます。

時間をかけて段階的に食べ物の量を増やして食べさせ、どれくらいの量であれば食べることができるのか、また誤って口にしてしまった場合はどのような症状が出るのかを把握することができるのです。

たとえば、乳児期にアレルギーが発覚した場合に、一度も口にしたことがないまま成長しているという場合も意外に多いものです。

このような場合には、先に述べたように症状が把握しづらいので経口負荷試験を行うといいでしょう。

通常は、15分から30分おきに様子を見ながら少量ずつ段階的に食べ物を増やしていきます。

症状が出ていたら食べることを止め、治療を優先します。

即時型と遅延型

アレルギーには即時型と遅延型があります。

経口負荷試験を行っている病院にいるあいだに症状が出れば即時型ですが、時間をおいて帰宅してから症状があらわれる遅延型もあるのです。

その後、具合が悪くならなければ食べることができる量の範囲で数日置きに食べていくように指導されます。

このように書くと簡単な検査のようですが、食物経口負荷試験を行っている途中でアナフィラキシーショックなど、重大症状が出てしまう場合もあります。

個人の判断では行わず、必ず医師の指導のもとで行ってください。

医療機関では、同意書の提出が必要になります。

少し前よりも、アレルギーに対して食物経口負荷試験のような詳しい検査が行われることができるようになりました。

子どもの場合、入園や入学がはじまると食べ物の全てを親が管理できるわけではありません。

アレルギーで重大な症状が出てしまう恐れがある場合には、食物経口負荷試験を行っておくと安心できるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

米アレルギー

米アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

米で起るアレルギーについて 日本人でお米を食べたことがない人はほぼいないのではないでしょうか?

記事を読む

栗アレルギーの特徴

栗アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

栗アレルギーの原因は、栗を体内に摂取、または接触する事により、アレルギーを発症してしまうものです

記事を読む

豚肉アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

豚肉は肉類のなかでも使用頻度の高い食材ですが、アレルギー反応が出る場合があります。 鶏肉や牛肉

記事を読む

ねぎアレルギの特徴・症状・対策・仕組みなど

ねぎやたまねぎは昔から身体に良い食べ物として重宝され、多くの料理などに用いられてきました。

記事を読む

キャベツアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

あらゆる食物にはアレルギーを発生させる可能性があり、キャベツもまた、人によっては食べることでアレ

記事を読む

うどんアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

うどんアレルギーの場合、それは小麦アレルギーと呼ばれるものです。 うどんに含まれる小麦にアレル

記事を読む

とうもろこしアレルギー

とうもろこしアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

とうもろこしアレルギーについて みなさんはとうもろこしは好きですか? 夏の海で食べるとうもろ

記事を読む

そばアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

近年、いろいろなものにアレルギー反応を起こす人が増えています。 その中でも厄介なのは食べ物のア

記事を読む

ナッツアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

小さな粒で栄養価が高いことから、ダイエットなどのときの間食や、ちょっとしたおつまみ、そのほか菓子

記事を読む

ラーメンアレルギーの特徴

ラーメンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ラーメンアレルギーの原因は、ラーメンそのものにアレルゲンがあるわけではないと思われます。 ラー

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑