*

いくらアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/05/28 食物アレルギー


いくらアレルギーとは、いくらを食べることで何らかのアレルギー症状を起こす場合のことを言います。
魚の卵によるアレルギーは食物アレルギーの原因として上位に挙げられ、日本での発症例もとても多いものとなっています。
ショック状態など、重い症状を引き起こす確率が高いと言われ、特に乳幼児の場合は生命を脅かすような場合もあり、注意が必要なアレルギーです。

いくらアレルギーの人はほかの卵でのアレルギーも起こるのか

魚卵であるいくらでのアレルギーの場合は、ほかの魚の卵でもアレルギーが起こる確率が高いと言われています。
ししゃもの卵やタラコなどの魚卵に対しては注意が必要ですが、鶏の卵に関しては関連性が認められていません。
また、いくらアレルギーである場合、いくらの親であるサケに対してのアレルギー反応は、関連があるという意見と、関連はないという意見があり、こちらもはっきりとはしていません。
ただし、人によってどのような食物にアレルギー反応を起こすかはさまざまですから、子供にはじめてのものを食べさせるときなどは食べさせたものをメモし、そのあとの様子を注意深く見ることなどが必要です。
なお、魚卵と鶏卵のどちらにもアレルギー反応を見せる人もいないわけではありません。

いくらアレルギーの症状

激しい嘔吐や腹痛、蕁麻疹(じんましん)、唇や口の中がただれて腫れ上がるといった症状があります。
軽い腹痛程度だった場合も、いくらを食べたときに限って痛くなるなど心当たりがある場合には、一度専門的な検査を受けるのが良いでしょう。

いくらアレルギーは克服できるアレルギーか

いくらアレルギーは子供の頃に発症した場合、大人になるにつれて克服できるという意見もあります。
しかしながら、これは自己判断に委ねるのではなく、かかりつけの医師との相談のうえ、パッチテストや負荷テストといった専門的なものなど、アレルギーに対する検査を重ねる必要があります。
そろそろ大丈夫かもしれないと油断するのではなく、食物アレルギーは命に関わるものだと意識して行動しましょう。

スポンサーリンク

関連記事

食物アレルギーを診断する上で最も確実な方法 経口負荷試験

近年、食物アレルギーにより、特定の食べ物を口にすると体に異状反応が出てしまう人が子どもを中心に増

記事を読む

長芋アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

食べると精力アップに繋がるなどすると言われている長いもですが、長芋もアレルギー症状を引き起こす場

記事を読む

小麦アレルギー

小麦グルテンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

小麦グルテンアレルギーとは? みなさんは小麦グルテンアレルギーについて聞いたことはありますか?

記事を読む

ブロッコリーアレルギーの特徴

ブロッコリーアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ブロッコリーアレルギーの原因は、ブロッコリーを体内に摂取する事により発症するアレルギーだと思われ

記事を読む

くるみアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

くるみもアレルギーの原因となるアレルゲンを含んでいる食品です。 くるみによるアレルギーの症例は

記事を読む

わさびアレルギーの特徴

わさびアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

わさびアレルギーについて 実はみなさんわさびアレルギーというアレルギーがあることを知っています

記事を読む

同じ物を繰り返し摂取することによって食物アレルギーがおこるらしい

アレルギーとは、特定の食物を摂取することで、体に不快な症状があらわれることです。 近年、そ

記事を読む

卵アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

卵アレルギーは鶏卵もしくは鶏卵を原材料とした食品を摂取することで、引き起こされるアレルギー反応の

記事を読む

即時型アレルギーと遅延型アレルギー

ある特定の食物を食べて、体に不快な症状を引き起こす食物アレルギーを持つ人が増えています。

記事を読む

ブルーベリーアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ブルーベリーそのものが原因のアレルギーは比較的少ないのですが、口腔アレルギー症候群には注意が必要

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑