*

アーモンドアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/05/29 食物アレルギー


アーモンドアレルギーとは、アーモンドを体に取り入れたために起こるアレルギー症状のことを言います。
日本での患者数はそばアレルギーに次いで多く、患者数も増加傾向にあるアレルギーです。
アーモンドはさまざまなお菓子・料理のレシピに使われることが多く、知らず知らずのうちに食べてしまってアレルギーを引き起こしたというケースもあります。
子供の頃に発症したアレルギーは、成長とともに免疫がついたり、抵抗力が強くなることで治る場合もありますが、アーモンドアレルギーには症状が治りにくいという特徴もあります。
子供の頃は平気だったのに、大人になってからの体質や生活環境の変化でアレルギーになったという人も少なくありません。

アーモンドはアナフィラキシーショックを起こしやすい

食物アレルギーの症状は、アレルギーの原因となる食べ物によって多少の違いがあります。
アーモンドアレルギーの場合、恐ろしいのはアナフィラキシーショックと呼ばれるものです。
さまざまなアレルゲンの中でもアーモンドのアレルゲンは、このアナフィラキシーショックを引き起こしやすいと言われています。
さらに症状が重くなることも多く、最悪の場合には命を落とすことにもなりかねません。
また、大人になっても耐性を得ることができず、一生付き合っていかなければならないアレルギーになることもあります。
そのほか、食べた直後ではなく、食べたあと体を動かしたときに蕁麻疹(じんましん)などの症状が出る、食物依存性誘発アナフィラキシーを起こすことが多いことでも知られています。
これは体を動かしたり、スポーツをしたりすることで、アーモンドに含まれるアレルゲンが体に吸収されやすくなることで起こると言われていますが、はっきりしたことはまだ解明されていません。

アーモンドアレルギーの主な症状

アーモンドアレルギーを起こしたとき、目に見えてわかる症状としてはまず蕁麻疹が挙げられます。
また、ナッツ類に含まれるヒスタミン遊離物質が原因で起こる症状としてはかゆみ、偏頭痛などもあります。
偏頭痛は原因がわかりにくく、アーモンドによって引き起こされているアレルギーだと感じる人が少ないので注意しなければなりません。
また、胃腸に刺激が加わって腹痛を起こす人もいれば、嘔吐や下痢の症状を訴える人もいます。

花粉症の人はアーモンドアレルギーを起こしやすい

花粉症に悩んでいる人はアーモンドアレルギーを起こす可能性が高いと言われています。
これはアーモンドに含まれるアレルゲンと、花粉症を引き起こすアレルゲンが共通していることが原因です。
鼻や口から花粉を吸い込むことでかゆみなどを伴う症状がある花粉症の人は、体の免疫を保つバランスが正常に働いていない状態です。
このときにアーモンドを食べることで同じようなかゆみの症状が出る場合があるので、花粉症の人はアーモンドをはじめとするナッツ類の摂取には注意をしなければいけません。

アーモンドが含まれる食品

アーモンドはそのままつまんでも食べられる気軽さで、おやつやお酒のおつまみとしても食されています。
見た目ですぐにアーモンドだとわかる場合は食べるのを避けることができますが、隠し味として使われている場合は注意しなければなりません。
お菓子やパンにはトッピングとしての利用のほかに、パウダーを隠し味として使っていたり、意外なところでは調味料やカレールウ、ドレッシング類に使われたりすることも多い食品です。
市販のお菓子やドレッシングなどはしっかりと成分表示を見て、アーモンドが含まれている食品かどうかを確認しましょう。
また、アーモンドアレルギーの人はそのほかのナッツ類、ピーナッツやくるみなどにもアレルギー反応を起こす場合が多いです。
これらの食品を食べる場合も、できるだけ注意したほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

いくらアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

いくらアレルギーとは、いくらを食べることで何らかのアレルギー症状を起こす場合のことを言います。

記事を読む

マクドナルドアレルギーの特徴

マクドナルドアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 マクドナルドアレルギーの原因は、マクドナルド自体にアレルギーがあるとは考

記事を読む

食物アレルギーの治療法:経口免疫療法

経口免疫療法 厄介な食物アレルギーの治療方法の一つとして、経口免疫療法があることをご存じでしょ

記事を読む

くるみアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

くるみもアレルギーの原因となるアレルゲンを含んでいる食品です。 くるみによるアレルギーの症例は

記事を読む

イチジクアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

イチジクアレルギーは果物によるアレルギーの一種です。 果物によるアレルギーの発症率は低いものと

記事を読む

プルーンアレルギーの特徴

プルーンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

プルーンアレルギーの原因は、プルーンを体内に摂取をすると、アレルギーを発症するものです。 また

記事を読む

蕎麦アレルギー

蕎麦アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 蕎麦アレルギーに関しては、未だに解明されていないと言われています。 し

記事を読む

乳児の食物アレルギーは寛解しやすい

50年ほど前まで、日本ではほとんどアレルギーと呼ばれる症状はありませんでした。 しかしなが

記事を読む

うどんアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

うどんアレルギーの場合、それは小麦アレルギーと呼ばれるものです。 うどんに含まれる小麦にアレル

記事を読む

卵白アレルギーの特徴

卵白アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

卵白アレルギー みなさんは卵白アレルギーについてご存じですか?食物アレルギーには様々な種類があ

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑