*

ココアアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/06/02 食物アレルギー


ココアアレルギーは別名チョコレートアレルギーとも呼ばれ、ココアやチョコレートの原料であるカカオに対してアレルギー反応を見せることを言います。
カカオには血腫浮遊物質である「チラミン」が含まれていて、この物質によりアレルギーが起こるとされています。

ココアアレルギーの具体的な症状

ココアアレルギーでは、多くの食物アレルギーに見られる嘔吐、腹痛、頭痛、鼻血、痙攣(けいれん)などがあります。
アレルギーの重い症状の一つであるアナフィラキシーショックを引き起こすケースもあり、ココアアレルギーによる死亡例の報告もあります。
カカオにはチラミンのほかにニッケルも含まれているため、ニッケルに対してアレルギーを持つ人にも同様の症状が出る場合があります。
ココアアレルギーとニッケルアレルギーは性質の違うものなので、ココアアレルギーの患者がニッケルに対して必ずアレルギーを起こすわけではありません。

自分がココアアレルギーかどうかを知るために

ココアやチョコレートなど、カカオを原料とするものを食べたときに吐き気や胃痛など何らかの異常を感じた場合は、ココアアレルギーである可能性を考えましょう。
何を食べてその症状が出たか、食べてからどのくらいで発症したかを医師に伝えるとスムーズです。
病院でははっきりとココアアレルギーかどうかを知ることができるので、心配事があればすぐに検査を受けましょう。

ココアアレルギーを予防するには

ココアアレルギーから身を守るためには、チョコレートなどカカオが原料の食品を避けることが一番です。
今まで食べていても何の異常も感じなかったという人でも、突然起こる可能性があるのが食物アレルギーなので、食べたあとに異常を感じたらすぐに医師に相談しましょう。
ココアアレルギーだと診断された場合、チョコレートなどを食べることはできなくなりますが、カカオとは別の原料を用いた代用チョコレートなどもあるので、どうしても食べたい場合はそちらを利用するのも一つの方法です。

スポンサーリンク

関連記事

銀杏アレルギーの特徴

銀杏アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

銀杏アレルギーの原因は、銀杏を体内に摂取する事によって、アレルギー症状を引き起こすものであります

記事を読む

食物アレルギーの治療法:経口免疫療法

経口免疫療法 厄介な食物アレルギーの治療方法の一つとして、経口免疫療法があることをご存じでしょ

記事を読む

バナナアレルギーの特徴

バナナアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

バナナアレルギーとは みなさんはバナナアレルギーがあるということを知っていますか? 実はバナ

記事を読む

イワシアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

イワシを食べたあとに体調が悪くなった場合、イワシアレルギーの可能性もありますが、別の症状を起こし

記事を読む

酢アレルギーの特徴

酢アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

酢アレルギーについて みなさんは酢アレルギーがあることを知っていますか? お酢は日本料理の調

記事を読む

アロエアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アロエにもアレルギーがあることをご存知でしょうか。 薬いらずとも言われ、使ったり食べたりすると

記事を読む

落花生アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

おやつなどで食べている人も多い落花生ですが、アメリカでは牛乳や鶏卵と並んで三大アレルゲンのひとつ

記事を読む

乳製品アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

子どもの食品アレルギーで、鶏卵アレルギーに次いで多いのが牛乳や乳製品のアレルギーです。 牛

記事を読む

ごまアレルギー

ごまアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 ごまアレルギーは、ごまだけではなく、ごま油も体内に取り入れてしまう事でアレル

記事を読む

ミルクアレルギーの特徴

ミルクアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 ミルクを体内に摂取する事で、アレルギー反応(体内での拒絶)が起きるのが一

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑