*

ごぼうアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/06/04 食物アレルギー


どんな食品でも、アレルギーの原因となるアレルゲンを持っています。
健康食品として広く知られるごぼうもまた、アレルギーを起こす可能性のある食品です。
ごぼうはアクの強い野菜で、実だけではなくその皮にも蕁麻疹(じんましん)やかゆみを発生させる可能性があります。

ごぼうアレルギーの症状

ごぼうアレルギーを起こすと、腹痛や嘔吐・下痢など胃腸に関係した症状と、蕁麻疹や肌の赤み、かゆみなど皮膚に関する症状があり、加えて咳が止まらなくなるという症状を持つ人もいます。
その他、頭痛やめまいなどを引き起こす可能性もあります。
ごぼうの実ではさほど影響がなくても、ゆでた汁などで蕁麻疹を起こす場合もあります。
サラダなどゆで汁を使わない料理では問題がなかった人でも、味噌汁や煮物などが原因で具合が悪くなることもあるのです。

ごぼうのアレルギーなのか、ほかに原因があるのか

ごぼうは土がついたまま売られていることもあります。
この土を調理の際にきちんと落とさないと、土の中にある雑菌が体の中に入ってしまい、それによって具合が悪くなることがあります。
皮をきちんと洗い土を落として、土が溜まっていそうな表面の凹みなどを処理をしたり、調理器具に土がつかないように注意しましょう。
また、ごぼうはアクが強い野菜として知られ、このアクに体が負けてしまうということもあります。
調理前に水に浸してアクを抜くなど、手間をかけた工夫が必要です。

ごぼうアレルギーを防ぐには

ごぼうが原因でアレルギーを起こす人は、ごぼうを摂取しないことが一番の予防策です。
ごぼう茶やごぼうのチップスなど、すぐにわかるごぼうレシピはもちろんですが、煮物や味噌汁など具の一部として使われている場合も食べるのを避けましょう。
ごぼうだけ取り除けば大丈夫ではないかと思う人もいますが、ごぼうの成分が含まれているものは食べてはいけません。
健康食品としてごぼう茶が注目されていますが、今までに何らかの食品に対してアレルギー反応を起こしたことがある人は、まず少量ずつ利用し、体に変化がないか様子を見ながら飲んでみましょう。

スポンサーリンク

関連記事

いかアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

いかアレルギーは、いかを食べることで体がアレルギー反応を起こす場合のことを言います。 いかでの

記事を読む

わさびアレルギーの特徴

わさびアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

わさびアレルギーについて 実はみなさんわさびアレルギーというアレルギーがあることを知っています

記事を読む

卵白アレルギーの特徴

卵白アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

卵白アレルギー みなさんは卵白アレルギーについてご存じですか?食物アレルギーには様々な種類があ

記事を読む

食物アレルギーの主な症状とは

特定の食物を口にしただけで、体にさまざまな症状を引き起こすアレルギー。 その症状は個人差が

記事を読む

ごまアレルギー

ごまアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 ごまアレルギーは、ごまだけではなく、ごま油も体内に取り入れてしまう事でアレル

記事を読む

とうもろこしアレルギー

とうもろこしアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

とうもろこしアレルギーについて みなさんはとうもろこしは好きですか? 夏の海で食べるとうもろ

記事を読む

さつまいもアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

さつまいもは栄養価も高く、蒸したり茹でたりするだけでも食べられるので、赤ちゃんの離乳食に利用する

記事を読む

ココナッツアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ココナッツアレルギーとは、ココナッツを食べたり、ココナッツの成分が肌に触れたりすることでアレルギー症

記事を読む

生クリームアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

甘くておいしい生クリームですが、そんな生クリームでもアレルギー症状を発症してしまう場合があります

記事を読む

鮭アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

食物アレルギーにはさまざまなものがありますが、魚に対するアレルギー反応もそのひとつに含まれます。

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑