*

さつまいもアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/06/10 食物アレルギー


さつまいもは栄養価も高く、蒸したり茹でたりするだけでも食べられるので、赤ちゃんの離乳食に利用する人も多い食品です。
味付けをしなくてもほんのりと甘く美味しいので、アレルギーを持つお子様のためのおやつやケーキの材料として広く使われています。
しかし、さつまいもに対してもアレルギー症状を見せる人もいるので注意が必要です。

さつまいもアレルギーの症状

腹痛、下痢、嘔吐、喉の痛みなどのほか、蕁麻疹(じんましん)の症状も見られます。
さつまいもにアレルギー反応を起こす人は、じゃがいもやレンコンなど他の根菜にもアレルギーを起こす場合があります。
これらの野菜に対してアレルギーを持っている場合は、さつまいもを食すときにも注意して食べて下さい。

さつまいもはアレルギーの発症が少ない食品

さつまいもにアレルギー反応を起こす人はゼロではありませんが、アレルギー発症率が高いとされる他の食品類に比べると、さつまいもによるアレルギーは比較的少ないと言われています。
アレルギー対応レシピを見てみると、さつまいもを材料に含んでいるものが多く存在し、どちらかと言うと「アレルギー体質の人でも食べられる食品」としての認知度が高いです。
アレルギー体質の子供でも食べられる誕生日ケーキや、クッキー・ビスケットなどにさつまいものクリームが使われていたり、サラダやスープ、味噌汁の具としても美味しく食べられます。
しかし油断は禁物ですので、アレルギー体質の人がさつまいもを食べる場合は、様子を見ながら少量ずつの摂取を守ってください。

さつまいもの食べ方に気をつける

既に何らかのアレルギー症状がある人がさつまいもを食べる場合、少し不安もあるかと思います。
そのようなときは、調理の際に手間をかけ工夫をし、アレルギーとなる原因を最小限に抑えながら食べられる調理法がないか模索することもできます。
まず、さつまいもはアクの強い野菜なので、このアクの影響を最小限に抑える工夫をしてみましょう。
調理前にきちんと水にさらす、皮は調理に使用しない、二度茹でをするなど方法はいくつかあります。

スポンサーリンク

関連記事

ショートニングアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ショートニングとは、主に植物の油を原料とした油脂の一種で、マーガリンをはじめとする多くの商品に用

記事を読む

卵アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

卵アレルギーは鶏卵もしくは鶏卵を原材料とした食品を摂取することで、引き起こされるアレルギー反応の

記事を読む

粉ミルクアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

手軽につかえる粉ミルクですが、赤ちゃんにアレルギー反応があらわれることがあります。 ミルクアレ

記事を読む

食物アレルギーの子供の給食への対応はどのようになっているのでしょうか?

食物アレルギーによって、食べられないものがあるという子どもが増えています。 家庭だけで食事

記事を読む

ブルーベリーアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ブルーベリーそのものが原因のアレルギーは比較的少ないのですが、口腔アレルギー症候群には注意が必要

記事を読む

ハチミツアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ハチミツをなめたり、飲み物に入れて食したときに喉の痛みを感じたり、腹痛や下痢を起こす人がいます。

記事を読む

ホタテアレルギー

ホタテアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 ホタテ貝を体内に摂取する事で、ホタテ貝に含まれている何らかの成分によって

記事を読む

アロエアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アロエにもアレルギーがあることをご存知でしょうか。 薬いらずとも言われ、使ったり食べたりすると

記事を読む

アルコールアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アルコールにもアレルギーがあるのをご存知でしょうか。 アルコールアレルギーとは、アルコールが体

記事を読む

春雨アレルギーの特徴

春雨アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

春雨アレルギーの原因は、春雨を体内に摂取する事により、アレルギー反応を引き起こすものだと考えられ

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑