*

イワシアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/06/26 食物アレルギー


イワシを食べたあとに体調が悪くなった場合、イワシアレルギーの可能性もありますが、別の症状を起こしている可能性もあります。
イワシのアレルギーについて、またアレルギーと似た症状を起こす別のケースについてみていきましょう。

イワシアレルギーの症状

イワシを食べたあと、腹痛や吐き気、蕁麻疹(じんましん)などを起こす可能性があります。
また、アナフィラキシーショックを起こす可能性もあり、重い場合には最終的に死にいたるケースもあるので油断してはいけません。
イワシのアレルギーは体質によるものなので、魚の鮮度などに関係なく引き起こされます。

ヒスタミン中毒の場合もある

アレルギーと似た症状を起こすものに「ヒスタミン中毒」というものがあります。
イワシに含まれるヒスタミンを体に取り入れることで起こるもので、アレルギー体質かそうでないかは関係なく、全ての人に起こる可能性があります。
家庭でイワシを調理して食べたときに、一人だけ症状が出るのであればアレルギーの可能性が高く、全員が症状を起こしたのであればヒスタミン中毒の可能性が高いでしょう。
ヒスタミン中毒は鮮度の落ちた魚を食べることで起こりやすいので、新鮮な魚を選ぶことや、魚を手に入れたあとはすぐに調理することをおすすめします。

アニサキスによる症状

アニサキスとは魚に寄生する生物で、魚を食べた際に一緒に体内に入ってしまうことがあります。
生きたまま胃腸に届くと、胃の粘膜に食いついて激しい痛みを起こします。
救急車を呼ぶほどの痛みになってしまう人もいるほど強烈なもので、病院での開腹手術などで取り出す治療が行われます。

イワシアレルギーを予防するために

イワシアレルギーはその人の体質によるものなので、ヒスタミン中毒の予防のための「新鮮なうちに調理する」「熱を通す」などをしても予防することができません。
一番の予防策はイワシを食べないことになります。
イワシにアレルギーを起こすとほかの魚も食べられなくなるわけではないので、一度病院で検査を行い、どの魚に対してアレルギーがあるのか、食べられる魚はあるのかをはっきりと知ると良いでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

蕎麦アレルギー

蕎麦アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 蕎麦アレルギーに関しては、未だに解明されていないと言われています。 し

記事を読む

納豆アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

納豆を食べたあと、しばらくするとなんとなく調子が悪くなる。 このような状態がしばらく続いている

記事を読む

乳酸菌アレルギーの特徴

乳酸菌アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

乳酸菌アレルギーとは? みなさんは乳酸菌アレルギーという物を聞いたことがありますか?乳酸菌アレ

記事を読む

ショートニングアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ショートニングとは、主に植物の油を原料とした油脂の一種で、マーガリンをはじめとする多くの商品に用

記事を読む

穀物アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

突然ですが、普段わたしたちが食べている炭水化物のほとんどは、穀物からできています。 白米の元で

記事を読む

バナナアレルギーの特徴

バナナアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

バナナアレルギーとは みなさんはバナナアレルギーがあるということを知っていますか? 実はバナ

記事を読む

カニアレルギーの特徴

カニアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

カニアレルギーとは みなさんはカニアレルギーを知っていますか?これはカニを食べたり触れたりした

記事を読む

食物アレルギーの主な症状とは

特定の食物を口にしただけで、体にさまざまな症状を引き起こすアレルギー。 その症状は個人差が

記事を読む

ししゃもアレルギーの特徴

ししゃもアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 ししゃもアレルギーの原因は、ししゃもを体内に摂取する事によって引き起こるアレルギ

記事を読む

かぼちゃアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

かぼちゃは素材そのものに甘みがありホクホクとしていて、赤ちゃんの離乳食の材料として使う人も多い食

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑