*

タンパク質 アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/06/28 食物アレルギー


人体の筋肉を作るための主要な栄養素であり、人の身体にはなくてはならないたんぱく質ですが、このたんぱく質を過剰に摂取することによって、アレルギー症状を起こすことがあります。

たんぱく質アレルギーとは

人体にとって非常に必要不可欠な栄養素であるたんぱく質ですが、このたんぱく質を必要以上に身体に取り込むことでアレルギー症状のような症状が出ることがわかってきました。
たんぱく質を過剰に摂取することで、体内のたんぱく質の消化吸収能力が限界を超えてしまいます。
すると、本来はアミノ酸へと分解されるはずのたんぱく質がそのままの形で体内に残ってしまうことになります。
そのままの形のたんぱく質を免疫細胞が異物と判断することで、それを追い出そうとしてアレルギー反応が起きるのです。

たんぱく質アレルギーの症状

たんぱく質を過剰に取ることによってどんな症状が起きるのでしょうか。
体内に残ったたんぱく質がアレルゲンとなってアトピー性皮膚炎やぜんそく、アレルギー性鼻炎、喉のイガイガ感や声枯れ、下痢などといった症状を示します。
そのほか、体内に残った余分なたんぱく質を排泄するために、肝臓や腎臓に必要以上に負担がかかります。
そのため、筋肉が落ちてしまったり、抵抗力が弱って病気にかかりやすくなる、貧血、むくみ、腎臓や肝臓の機能低下などの症状が現れます。
また、たんぱく質を分解して排泄する際出る毒素を中和させるためカルシウムが使われます。
そのためカルシウム不足となることがあります。
さらにたんぱく質を過剰に摂取することで、腸内の栄養素の吸収バランスも変わってきます。
そのため腸内の環境が悪化し、おならや排泄物がにおうなどの現象が起きてくるのです。

たんぱく質アレルギーの予防

じぶんが一日当たり、どれだけのたんぱく質が必要なのかをまず知ることが大切です。
たんぱく質の必要摂取量は計算で求めることができます。

運動をあまりしない人や普通体型の人

自分の体重×1.06グラム

どちらかといえば筋肉質で身体を動かす習慣のある人

自分の体重×1.25グラム

筋トレや激しい運動をする筋肉質体型の人

自分の体重×1.5~2グラム

この基準を超えないようにして、食品成分表のたんぱく質の項目を計算しながら1日の食事を決めていきます。
しかし、外食などするとたんぱく質の計算はできなくなります。
また、いちいち計算しながら食事をするのはおいしいものではありません。
そのため、健康的な食事をバランスよく摂取することがたんぱく質アレルギーの一番の予防方法といえるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

豚肉アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

豚肉は肉類のなかでも使用頻度の高い食材ですが、アレルギー反応が出る場合があります。 鶏肉や牛肉

記事を読む

いかアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

いかアレルギーは、いかを食べることで体がアレルギー反応を起こす場合のことを言います。 いかでの

記事を読む

パイナップルアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

パイナップルを多く食べていると舌がヒリヒリと痛んだという経験を持っている人は多いのではないでしょ

記事を読む

生児・乳児消化管アレルギーとは?その症状とは?

アレルギーという言葉は、すでに一般的に使用されるようになって久しくなります。 とくに食物ア

記事を読む

かぼちゃアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

かぼちゃは素材そのものに甘みがありホクホクとしていて、赤ちゃんの離乳食の材料として使う人も多い食

記事を読む

カニアレルギーの特徴

カニアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

カニアレルギーとは みなさんはカニアレルギーを知っていますか?これはカニを食べたり触れたりした

記事を読む

ゼラチンアレルギー特徴

ゼラチンアレルギー特徴・症状・対策・仕組みなど

ゼラチンアレルギーについて プリンや寒天など様々な食品に使われているゼラチンですが、そのゼラチ

記事を読む

麦アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

麦アレルギーの中でも一番多いとされているのが、食材や日常生活の中で多用されている小麦に対するアレ

記事を読む

びわアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

シラカバの花粉のアレルゲンと似た構造のアレルゲンを持つ果物にびわがあります。 このため、シラカ

記事を読む

ローヤルゼリーアレルギー

ローヤルゼリーアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ローヤルゼリーアレルギーについて みなさんはローヤルゼリーについて知っていますか? 実はロー

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑