*

たけのこ アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/06/30 食物アレルギー


春になると食卓に上る回数の増えるたけのこ。
たけのこを食べたり、たけのこ堀りに行ったりするという人も多いです。
しかし、そのたけのこでアレルギーのような症状を起こす人も少なくありません。
ここではたけのこアレルギーについてまとめていきます。

たけのこアレルギーの原因

たけのこアレルギーといってもたけのこ自体にアレルゲンがあるわけではありません。
たけのこに含まれているアセチルコリンという化学物質の成分によってアレルギー反応を示すのです。
このようにアレルギー反応を起こす可能性のある化学成分のことを「仮性アレルゲン」と呼び、ほかにはヒスタミンやセロトニン、チラミンなどがあります。

たけのこアレルギーの症状

たけのこの仮性アレルゲンであるアセチルコリンは、副交感神経を刺激する働きを持っています。
そのため自律神経失調症状やかゆみ、心拍数の低下、下痢や嘔吐、気管支喘息などの症状が出ることがあります。
たけのこを食べると口の中や喉を通って食道へ運ばれます。
たけのこアレルギーの症状は、この、口腔内や喉がイガイガしたり痒くなったりする症状が起きることが多いです。
多くの場合、症状は一過性で、たけのこを食べた後1~2時間程度で症状は軽減していきますが、体調が悪いときや、もともとアレルギー体質である場合などは同じ症状でも強く出ることがあるので注意が必要です。
また、もともとアレルギー症状のある場合には今のアレルギー症状が強くなることもあるので注意が必要です。

たけのこアレルギーの対処法

そばアレルギーのように激しい症状は起きないので、絶対口にしてはいけないとは言いませんが、たけのこアレルギーとわかった場合はできれば食べないのが一番の対処法です。
しかし、どうしても食べたいときはどうしたらいいのでしょうか。
まずは生で食べないこと。
仮性アレルゲンはほとんどが熱に弱い性質を持っているので、ゆでたり、あく抜きをしたり、下処理することで症状が緩和されることが多いようです。
もともとアレルギー体質の人は一度でもたけのこを食べてみてアレルギー反応が出た場合は食べないほうがいいです。
たけのこアレルギーの症状だけでなく、今あるアレルギー症状まで強くする可能性があります。
また、元気なときは大丈夫だけれど、体調が悪くなると症状が出る人もいます。
少しでも調子が悪いなと感じたときはたけのこを控えるようにしましょう。
上手に付き合えばたけのこアレルギーは回避できます。

スポンサーリンク

関連記事

とうもろこしアレルギー

とうもろこしアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

とうもろこしアレルギーについて みなさんはとうもろこしは好きですか? 夏の海で食べるとうもろ

記事を読む

ローヤルゼリーアレルギー

ローヤルゼリーアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ローヤルゼリーアレルギーについて みなさんはローヤルゼリーについて知っていますか? 実はロー

記事を読む

生魚アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

世の中にはさまざまなアレルギーがありますが、その中の一種に生魚に関するアレルギーがあります。

記事を読む

わさびアレルギーの特徴

わさびアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

わさびアレルギーについて 実はみなさんわさびアレルギーというアレルギーがあることを知っています

記事を読む

いくらアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

いくらアレルギーとは、いくらを食べることで何らかのアレルギー症状を起こす場合のことを言います。

記事を読む

ゴーヤアレルギーの特徴

ゴーヤアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ゴーヤアレルギーについて 沖縄のゴーヤはにがみで知られていますが、最近は沖縄以外でも人気で一般

記事を読む

銀杏アレルギーの特徴

銀杏アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

銀杏アレルギーの原因は、銀杏を体内に摂取する事によって、アレルギー症状を引き起こすものであります

記事を読む

さつまいもアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

さつまいもは栄養価も高く、蒸したり茹でたりするだけでも食べられるので、赤ちゃんの離乳食に利用する

記事を読む

スパイスアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

スパイスは料理の味のアクセントとして用いられるだけでなく、香水や化粧品など多くの商品に含まれてい

記事を読む

乳児の食物アレルギーは寛解しやすい

50年ほど前まで、日本ではほとんどアレルギーと呼ばれる症状はありませんでした。 しかしなが

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑