*

プルーンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/03/11 食物アレルギー

プルーンアレルギーの特徴
プルーンアレルギーの原因は、プルーンを体内に摂取をすると、アレルギーを発症するものです。
また、プルーンのみではなく、プルーンと一緒に果物アレルギー、咽頭アレルギーなど、他のアレルギーも併発する事もあるようです。

症状

プルーンアレルギーの症状は、吐き気、嘔吐、下痢などの消化器系症状があげられます。
プルーンアレルギーの場合は、プルーンがアレルゲンだった場合もあれば、逆にプルーンを大量に摂取してしまう事で、副作用が起きる場合もあります。
なので、プルーンを摂取後、短時間から数時間のうちに症状が発症するようであれば、プルーンアレルギーの可能性であるかと思われます。

特徴

プルーンは鉄分、食物繊維、ミネラルなどが多く含まれていると言われている食物であるが故に、便秘や鉄分の欠乏などには効果が期待出来るというのが一般的のようです。
しかし、プルーンを必要以上に摂取しすぎてしまうと、上記のように下痢などの副作用が起こる事もあります。
特に妊婦の方には、注意が必要かと思われます。

治療

プルーンアレルギーの治療としては、吐き気、嘔吐、下痢などの消化器系症状が起きた場合は、消化器科、または内科などの専門医に受診をするようにしましょう。
また、それ以外の症状が起きた場合も、ただちにプルーンの摂取を中止し、専門医に受診をしましょう。
そして、プルーンがアレルゲンであるかどうかを、アレルギー検査をしてもらう事も大切です。

注意点

プルーンがアレルギー治療などに役立つと聞かれますが、逆にプルーンそのものがアレルゲンだった・・・という事も起こりえます。
ドライフルーツでアレルギー症状を引き起こしてしまう場合は、プルーンの摂取を控えた方がいいかもしれません。
また、プルーンそのものだけではなく、プルーンを健康補助食品で摂取している場合も、注意が必要かと思われます。
プルーンはあくまでも食物であって、摂取をする事で効果が出たとしても、薬のように身体を治療するものではないという認識は、非常に重要でしょう。

スポンサーリンク

関連記事

ミルクアレルギーの特徴

ミルクアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 ミルクを体内に摂取する事で、アレルギー反応(体内での拒絶)が起きるのが一

記事を読む

長芋アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

食べると精力アップに繋がるなどすると言われている長いもですが、長芋もアレルギー症状を引き起こす場

記事を読む

食物アレルギーの対処法:アレルゲンフリーの食品を使ってみましょう

食べたくても、食物アレルギーを持っていることで思うままに食べることができない人がいます。

記事を読む

しいたけアレルギーの特徴

しいたけアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

しいたけアレルギーについて みなさんはしいたけアレルギーについて知っていますか? 今回はしい

記事を読む

さんまアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

さんまなどの魚によるアレルギーの症状は、魚を日常的に食べる習慣のある日本では比較的多くなっていま

記事を読む

さくらんぼアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

食物アレルギーは食べ物の数だけ症例があると言われていますが、さくらんぼもアレルギーを引き起こす可

記事を読む

ブルーベリーアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ブルーベリーそのものが原因のアレルギーは比較的少ないのですが、口腔アレルギー症候群には注意が必要

記事を読む

粉ミルクアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

手軽につかえる粉ミルクですが、赤ちゃんにアレルギー反応があらわれることがあります。 ミルクアレ

記事を読む

わさびアレルギーの特徴

わさびアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

わさびアレルギーについて 実はみなさんわさびアレルギーというアレルギーがあることを知っています

記事を読む

酢アレルギーの特徴

酢アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

酢アレルギーについて みなさんは酢アレルギーがあることを知っていますか? お酢は日本料理の調

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑