*

卵白アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/04/02 食物アレルギー

卵白アレルギーの特徴

卵白アレルギー

みなさんは卵白アレルギーについてご存じですか?食物アレルギーには様々な種類がありますが、今回は卵白アレルギーについての記事です。
卵白アレルギーは食物アレルギーの一種で、免疫反応により引き起こされる症状になります。
大人だけではなくて、小さな子供にも起るアレルギーになります。

症状がひどい場合は呼吸困難などの症状がでます。

卵白アレルギーにはどのような症状があるのでしょうか?症状としては、嘔吐、下痢、などの症状が出ます。
病因で血液検査をして卵白アレルギーかどうか検査をすることがおすすめです。

また、口の周辺が赤く腫れ上がったり、ぶつぶつができたりすることもあるようです。
また、食べてすぐにそのようなアレルギー反応がでることもあるようです。
皮膚もかゆみや腫れも起きる場合があるようです。

対処法は?

やはり、卵白と食べないようにすることが基本になります。
また、卵白が入っていない食品を食べるようにしましょう。

卵白アレルギーの人は生クリームなども食べるのはやめたほうがいいでしょう。
かまぼこなどはつなぎとして卵が使われていることもありますので、注意しましょう。
また、加熱すれば大丈夫と思っている人もいるのですが、加熱しても、アレルギー成分はなくなりませんので、注意が必要です。

また、小さい頃に卵白アレルギーだった人が年齢が上がるに連れて卵白アレルギーが治ったということもあるようです。
まずは病院に行ってアレルギーかどうかのテストをしてもらいましょう。

血液の検査などを病院でしてもらえるようです。
対策としては抗アレルギー物質を飲むことなどが上げられます。
病院などで処方されるのでその薬を飲むようにしたらいいでしょう。
また、痒みがある場合はステロイド剤なども処方されることがあるようです。

卵白アレルギーになる原因は?

卵アレルギーになる原因はなんでしょうか?それは、環境や生活習慣、さらに食品添加物や遺伝の可能性があると言われています。
体質改善などが重要になります。

スポンサーリンク

関連記事

トロポミオシンアレルギーの特徴

トロポミオシンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

トロポミオシンアレルギーについて トロポミオシンアレルギーという名称について聞いたことがある人

記事を読む

そばアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

近年、いろいろなものにアレルギー反応を起こす人が増えています。 その中でも厄介なのは食べ物のア

記事を読む

アーモンドアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アーモンドアレルギーとは、アーモンドを体に取り入れたために起こるアレルギー症状のことを言います。

記事を読む

ナスアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

近年さまざまな食べ物でアレルギー反応を起こし、好きなものを好きなように食べる楽しみが減りつつあり

記事を読む

トマト アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

近年は、食生活が豊かになった上に、衛生環境が非常に発達して、人間がいろいろな雑菌やアレルゲン物質

記事を読む

ごぼうアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

どんな食品でも、アレルギーの原因となるアレルゲンを持っています。 健康食品として広く知られるご

記事を読む

ホタテアレルギー

ホタテアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 ホタテ貝を体内に摂取する事で、ホタテ貝に含まれている何らかの成分によって

記事を読む

ショートニングアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ショートニングとは、主に植物の油を原料とした油脂の一種で、マーガリンをはじめとする多くの商品に用

記事を読む

酢アレルギーの特徴

酢アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

酢アレルギーについて みなさんは酢アレルギーがあることを知っていますか? お酢は日本料理の調

記事を読む

アボガドアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アボガドアレルギーとは、アボガドを食べることで体がアレルギー反応を起こす症状のことを言います。

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑