*

鯖アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/03/19 食物アレルギー

鯖アレルギーの特徴
鯖アレルギーの原因は、鯖そのものがアレルギーの一因になる事はあまりないようですが、鯖の中に含まれているヒスチジンという成分が、ヒスタミンという物質に体内に合成されます。
その結果、鯖を摂取する事により、アレルギーを発症する・・・といったケースが多いのが一般的のように見受けられます。
しかし、稀に鯖アレルギーという形でアレルゲンとなって発症する事もあるようです。

症状

鯖アレルギーの症状は、全身、または身体の一部に赤み、痒み、かぶれ、蕁麻疹、発疹、湿疹などの皮膚的症状が一般的のようです。
その他、胸焼け、吐き気、嘔吐、下痢などといった消化器系症状も引き起こす事もあります。
酷い場合は、アナフィラキシー症状まで引き起こし、最悪は死に至る・・・といった場合もあります。

特徴

鯖アレルギーの特徴は、上記のように多くは鯖の中に含まれている成分がきっかけでアレルギーという症状が起きるのが一般的です。
しかし、鯖を摂取せず、ただ接触しただけでもアレルギー反応が起こるケースもあります。
これは、鯖そのものにアレルゲンがあるのではなく、鯖の鮮度が落ちる(特に生にもあります)事により、上記にもあるようにヒスタミンという物質が増えていき、それがアレルゲンとなると考えられます。

治療

鯖アレルギーの治療は、皮膚的症状を発症した場合は皮膚科に、消化器系症状を発症した場合は内科、もしくは消化器科などの専門医に受診をしましょう。
ただし、鯖アレルギーを摂取、または接触などをしてアナフィラキシー症状を引き起こしたら、ただちに救急処置が必要となります。

注意点

鯖アレルギーの注意点は、鯖に限らず、新鮮な魚であればアレルギー症状を引き起こす事は少ないと思われます。
なので、鮮度が落ちた魚には、出来る限り手をつけないようにしましょう。
その他、身体の免疫力が低下している時(風邪、他のアレルギーを発症など)には、非常にアレルギー反応を引き起こしやすくなるので、注意をするようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

蕎麦アレルギー

蕎麦アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 蕎麦アレルギーに関しては、未だに解明されていないと言われています。 し

記事を読む

即時型アレルギーと遅延型アレルギー

ある特定の食物を食べて、体に不快な症状を引き起こす食物アレルギーを持つ人が増えています。

記事を読む

口腔アレルギー症候群の原因、症状、改善、治療など

近年、花粉症で苦しい思いをされている人が増えてきています。 その主な症状は、目のかゆみや花

記事を読む

生児・乳児消化管アレルギーとは?その症状とは?

アレルギーという言葉は、すでに一般的に使用されるようになって久しくなります。 とくに食物ア

記事を読む

プルーンアレルギーの特徴

プルーンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

プルーンアレルギーの原因は、プルーンを体内に摂取をすると、アレルギーを発症するものです。 また

記事を読む

とうもろこしアレルギー

とうもろこしアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

とうもろこしアレルギーについて みなさんはとうもろこしは好きですか? 夏の海で食べるとうもろ

記事を読む

マカダミアナッツアレルギーの特徴

マカダミアナッツアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

みなさんはマカダミアナッツアレルギーについて聞いたことがありますか?実はピーナッツアレルギーでだ

記事を読む

アルコールアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アルコールにもアレルギーがあるのをご存知でしょうか。 アルコールアレルギーとは、アルコールが体

記事を読む

ホタテアレルギー

ホタテアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 ホタテ貝を体内に摂取する事で、ホタテ貝に含まれている何らかの成分によって

記事を読む

ブロッコリーアレルギーの特徴

ブロッコリーアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ブロッコリーアレルギーの原因は、ブロッコリーを体内に摂取する事により発症するアレルギーだと思われ

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑