*

ししゃもアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 食物アレルギー

ししゃもアレルギーの特徴

アレルギーの原因

ししゃもアレルギーの原因は、ししゃもを体内に摂取する事によって引き起こるアレルギーの一種であると思われます。
ただ単にししゃもを摂取しただけではなく、付随するように卵アレルギーから発症する場合と、
魚卵アレルギーから発症する場合とあり、原因は人によって様々なようです。

症状

ししゃもアレルギーの症状は、吐き気、嘔吐が多いように見受けられます。
ししゃもを体内に摂取後、数時間してから吐き気、嘔吐を引き起こす場合は、ししゃもアレルギーの可能性が高いと思われます。
ししゃもを摂取後、すぐに吐き気、嘔吐が起きたとしても、ししゃもアレルギーの可能性はゼロではないとは言い切れないでしょう。

特徴

ししゃもアレルギーの特徴としては、上記にある原因にもあるように、
魚卵アレルギーから発症するケースと、卵アレルギーから発症する場合などとあり、人によると思われます。
また、魚そのものがアレルゲンの場合もあるので、ししゃもアレルギーの場合はアレルゲンだとわかりにくいところかもしれません。

治療

ししゃもアレルギーの治療としては、吐き気、嘔吐を引き起こした場合は、ただちに消化器科、内科などの専門医に受診をするようにしましょう。
そして、ししゃもアレルギーであるかなど、アレルギー検査をする事が大切です。

注意点

ししゃもアレルギーの注意点としては、乳幼児から小学低学年ほどの年齢のお子さんに摂取をさせるのは、慎重にした方がいいかもしれません。
また、過去において魚卵アレルギーであったり、卵アレルギーだった・・・という場合は、
事前にアレルギー科などの専門医の下でアレルギー検査をする事を、強くお勧めします。
その他、以前はししゃもが平気だったのに、年齢を重ねてからししゃもアレルギーになった・・・など、
何かしらのきっかけで体質が変わった事により、ししゃもアレルギーを発症する場合もあります。
ご自身の体質を前もって知っておく事が、アレルギー発症を未然に防ぐ事に繋がるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

タンパク質 アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

人体の筋肉を作るための主要な栄養素であり、人の身体にはなくてはならないたんぱく質ですが、このたん

記事を読む

ホタテアレルギー

ホタテアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 ホタテ貝を体内に摂取する事で、ホタテ貝に含まれている何らかの成分によって

記事を読む

くるみアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

くるみもアレルギーの原因となるアレルゲンを含んでいる食品です。 くるみによるアレルギーの症例は

記事を読む

ヒスタミンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

魚を食べたあとに吐き気や腹痛で具合が悪くなった、体に痒みを感じたなど、もしかしてアレルギー?と思

記事を読む

イチジクアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

イチジクアレルギーは果物によるアレルギーの一種です。 果物によるアレルギーの発症率は低いものと

記事を読む

マクドナルドアレルギーの特徴

マクドナルドアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 マクドナルドアレルギーの原因は、マクドナルド自体にアレルギーがあるとは考

記事を読む

ゴーヤアレルギーの特徴

ゴーヤアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ゴーヤアレルギーについて 沖縄のゴーヤはにがみで知られていますが、最近は沖縄以外でも人気で一般

記事を読む

レモンアレルギー

レモンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 レモンアレルギーの原因は、レモンを体内に摂取、または接触、抵触をする事に

記事を読む

小麦アレルギー

小麦グルテンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

小麦グルテンアレルギーとは? みなさんは小麦グルテンアレルギーについて聞いたことはありますか?

記事を読む

シナモンアレルギー

シナモンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 シナモンアレルギーの原因は、シナモンを体内に摂取する事により、アレルギー

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑