*

シャンプーアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/07/23 薬物アレルギー


入浴する際、当然のように用いられるシャンプー。
このシャンプーでアレルギー症状が起こるとしたらいったいどうすればいいのでしょうか。

ここではいろいろ観点からシャンプーアレルギーについて取り上げていきたいと思います。

シャンプーアレルギーとは

シャンプーを使っていたらなんとなく頭皮がかゆくなった、フケが多くなったと感じたら、それはシャンプーアレルギーの兆候です。

シャンプーの中に含まれている成分の中に、自分がアレルギー症状を引き起こすような成分が混ざっているのです。

では、アレルギー症状を引き起こしやすいと考えられるシャンプーの成分とはいったいどのようなものがあるのでしょうか。

洗浄剤成分

いくら植物のエキス配合と書いてあっても、シャンプーは髪の毛や頭皮の汚れを落とすために合成の洗浄剤が配合されています。
その中でもラウレス硫酸やラルリル硫酸などといった成分でアレルギー反応を起こす人が多いです。

香料

髪の毛からいい匂いをさせるために含まれている香料は、ほとんどが石油から得られた原料を化学反応をさせることでつくられています。
こういった香り自体にアレルギーを持つ人もいますが、香料に含まれる化学物質に反応してアレルギー症状を起こす人も多いです。

防腐剤

シャンプーはほとんどが、湿気の充満したお風呂場に置かれています。
そういった状態でもシャンプーの成分を損なわないように、防腐剤が含まれていることが多いです。
その中でも基本的にいろいろな製品に使用されているパラベンやフェノキシエタノールなどでアレルギー症状を起こす人が多いです。

ハーブエキス

シャンプーの中には、肌に優しい植物由来の原料でという名目で、ハーブエキスなどを配合されてつくられたシャンプーがあります。
科学的な物質に比べると数は少なめですが、こうしたハーブエキスなどに反応してアレルギーを起こしてしまう人がいます。

このように、シャンプーに配合された成分などによって、シャンプーをした際にアレルギー症状を起こす場合のことをシャンプーアレルギーと呼んでいます。

シャンプーアレルギーの症状

ではいったいシャンプーアレルギーの人にはどのような症状が起きるのでしょうか。

頭皮のかゆみやかぶれ、炎症

シャンプーは直接頭皮につけて洗います。
そのため一番最初に症状があらわれはじめるのは頭皮の症状です。
頭皮が赤くなったり、かゆみやかぶれなどの症状がみられたりしたら、いま使っているシャンプーの使用を中止して、病院へ行くことをおすすめします。

フケの増加

ラウリル硫酸は皮膚の保護膜を破壊し、肌の乾燥を促進させます。
頭皮が乾燥することによってフケが増加することがあります。

目の充血や痛み、かゆみ

アレルギー源となる成分が目に入ると、目が充血したり、目を開けられないほど痛くなったりすることがあります。

味がわからなくなる

ラウリル硫酸が口の中に入ってしまうと、舌の先にある味蕾細胞を破壊し、味がわからなくなってしまうこともあります。

こういった症状がみられることがあります。

シャンプーアレルギーの対策

まずは自分でバッチ対策を行ってみましょう。

シャンプーは毎日利用するものなので、使用前に目立ちにくい部分でバッチテストを行ってから使いはじめるといいでしょう。

絆創膏(ばんそうこう)に使ってみたいシャンプーを数的たらして、肌のやわらかい部分につけるだけです。
30分間ほど放置してみて炎症などが起きてきたら、そのシャンプーにアレルギーを引き起こす可能性の高い成分が混ざっていることになります。
異常を感じた場合、使用するのはやめたほうがいいでしょう。

成分をよく確かめる

アレルギー症状を引き起こす可能性の高いような化学物質が多き含まれている商品ではなく、髪や地肌に優しい商品を選ぶようにしましょう。

ちょっとでもおかしいと感じたら使用をやめて病院へ。

頭のかゆみやフケの増加などちょっとした変化でも、シャンプーアレルギーの前兆の場合があります。
すぐに使用をやめて皮膚科などへ受診するようにしましょう。
どの成分に反応してアレルギーを起こしたかは調べてもらえばすぐにわかります。

いまは髪にいいといいながらいろいろな成分が混ざっている製品もあります。
自分に合ったシャンプーをみつけるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

白髪染めアレルギーの特徴

白髪染めアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

白髪染めアレルギーとは? みなさんは白髪染めアレルギーというものを聞いたことがありますか?白髪

記事を読む

ニコチンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ニコチン中毒という名前なら、多くの人が耳にする言葉だと思いますが、ニコチンアレルギーという名前は

記事を読む

乳化剤アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

食品の医品質表示を見ていると、時折乳化剤という言葉を目にします。 乳化剤という名前から牛乳アレ

記事を読む

ピリンアレルギーの特徴

ピリンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ピリンアレルギーについて みなさんはピリンアレルギーについてご存じですか? そもそもピリンア

記事を読む

シアバターアレルギー

シアバターアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

シアバターアレルギーについて みなさんはシアバターについて知っていますか? シアバターとは今

記事を読む

柔軟剤アレルギーの特徴・症状

柔軟剤アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

意外に知られていない柔軟剤アレルギーについて みなさんは衣服を洗う際などに柔軟剤を使用する人は

記事を読む

目薬アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

日本ではなんらかのアレルギーを抱える人が増加傾向にあり、国民の3割がなにかのアレルギーをもってい

記事を読む

抗生物質アレルギーの特徴

抗生物質アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 抗生物質のアレルギーの原因は、抗生物質を体内への服用によって、発症してし

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑