*

小児喘息の短期治療の可能性は?

公開日: : 最終更新日:2015/11/02 アレルギー性喘息


小児喘息のお子さんを抱えている方は、喘息を患っている子どものことを十分に理解し、ご自身が喘息であると考えるのと同じくらい、症状に気をつけてあげなければいけません。

長期治療で苦労するというイメージが強い喘息ですが、医療の発達した現代では、本当のところどうなのでしょう?

また長期治療の可能性が高い喘息ですが、小児喘息も同じことがいえ、短期治療というのはないのでしょうか?

小児喘息は長期治療しなくてはならない?

前述したように長期治療のイメージが強い喘息ですが、現在は治療法が進化しています。

生命の維持を脅かすリスクを低下させ、長期管理薬の吸入により症状を安定化させることができ、安全に生活を送ることができますので、以前に比べると喘息は恐ろしいものではなくなりました。

小児喘息においても同じことがいえ、その苦労は低減されています。

しかしながら、長期管理薬を日常的に吸入して安定させ、発作治療薬で万が一の発作時に備えるという2つの薬を用いた現在の喘息治療スタイルではどうしても、短期的にめざましい治療効果を望むことはできません。

大人には薬の影響は少ないとしても、小児喘息を抱えるお子さんにとっては、これが大きな負担となる恐れもあります。

小児喘息の短期治療は可能?

症状のレベルによりますが、基本的には長期管理薬と発作治療薬を用いて対処が基本となり、短期間で喘息を完治することはできません。

ただし、完治はできませんが、短期療法、または間欠療法と呼ばれる、吸入ステロイド薬と吸入気管支拡張薬を用いた治療を数週間から1ヶ月ほど行うことで症状抑制を目指す、集中的治療法もあります。

これにより長期にわたって薬を摂取し続けるよりも、小児喘息を抱えるお子さんの治療薬リスクを抑えることができます。

人間と喘息の付き合いは歴史が長く、医療の発展に伴いどんどん治療レベルが高まっていますが、まだまだ喘息を完治させるような特効薬はありません。

お子さんの喘息の場合は、とりわけ心配が大きいことでしょう。

医師と十分に相談し、子どもの体質や環境に合わせて、基本となる長期治療かあるいは短期治療を選択するのか、適切な判断をしてもらい喘息に対処しましょう。

スポンサーリンク

関連記事

喘息の薬に、コントローラーとリリーバーとが有る理由は?

喘息は呼吸困難を招き、命を落としてしまう危険すらある決して侮れない病気です。 現代では効果

記事を読む

アレルギー性喘息:吸入ステロイド薬の使い方のポイント、副作用

ステロイド薬という名前を聞いたことがるという方は多いのではないでしょうか。よく聞くのはアトピー性

記事を読む

アレルギー性喘息に影響するアトピー素因とは?

喘息は遺伝性があり、アレルギー性喘息は遺伝による影響が大きいといわれています。 アレルギー

記事を読む

喘息への影響多大か?ストレスとの関係は?

喘息の原因は多々考えられており、ストレスもその一つとされています。 とくに成人してから急に

記事を読む

アレルギーの人に多い咳喘息に注意!

毎日当たり前のように咳が出たり、風邪は治ったはずなのに、咳だけが止まらなかったりという状態に困っ

記事を読む

アレルギー性喘息とは?発作の症状と対処について

アレルギー性喘息は命を落とすこともある 喘息は、重症、軽症を問わず、慢性の炎症による気管障害で

記事を読む

アレルギー性喘息とCOPDの違い

アレルゲンへの過剰反応がきっかけとなって引き起こされる症状の一つがアレルギー性喘息で、深刻な場合

記事を読む

酒・タバコについて

アレルギー性喘息への酒・タバコの影響とは?

タバコはもちろんのこと、お酒も喘息にとってはよくない影響を与えます。 まずタバコについてで

記事を読む

喘息をお持ちの妊婦さんは悪化に注意!

妊娠されている方は、ご自分だけでなくもう一つの大切な命を抱える重大な役割を担っています。

記事を読む

腹式呼吸で喘息のつらさを和らげる

喘息を患っていると、通常よりも呼吸が困難になります。 症状が悪化して呼吸がつらくなるほどの

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑