*

喘息の薬に、コントローラーとリリーバーとが有る理由は?

公開日: : 最終更新日:2015/11/04 アレルギー性喘息


喘息は呼吸困難を招き、命を落としてしまう危険すらある決して侮れない病気です。

現代では効果的な治療薬が登場して喘息の脅威から身を守ることが可能となっていますが、そのおもな治療薬として「長期管理薬(コントローラー)」と「発作治療薬(リリーバー)」の2種類があげられます。

この2種類の薬はそれぞれ重大な役割を担っており、その理由を簡単ではありますが以下でご紹介していくことにしましょう。

長期管理薬(コントローラー)

長期管理薬は毎日継続して摂取し、喘息の発作が起きないよう予防することを目的としている薬で、喘息をコントロールすることから“コントローラー”とも呼ばれています。

長期管理薬を日常で使用し続けることで喘息の改善が期待でき、炎症により気道が狭くなっている部位を広げて呼吸を楽にし、最悪の場合では呼吸困難に陥り死亡してしまう危険な状態を防ぐことが可能です。

薬に含まれる成分には、吸入ステロイド薬にβ2刺激薬を一緒にした配合剤、またテオフィリン徐放製剤、抗IgE抗体、ロイコトリエン受容体拮抗薬などがあります。

発作治療薬(リリーバー)

喘息の発作が起きてしまった、または発作が起きて危険な状態に陥るかもしれないというタイミングで使用する薬が、発作治療薬となります。

定期的に摂取する長期管理薬の場合は喘息をコントロールして安定化させるのが目的ですが、こちらではピンチに活躍するリリーフ的存在から、リリーバーとも呼ばれています。

効果は喘息により気道が狭まり呼吸困難となったところにサイクリックAMPという物質の増加を促し、筋肉を刺激して気管支を拡げることで危機から守ります。

薬に含まれる成分には、キサンチン系薬、β刺激薬、抗コリン薬などがあります。

このように、長期管理薬は喘息の発作が起きないよう毎日摂取し、発作治療薬で発作が起きてしまった場合の危機に対処するために摂取と、それぞれ大きな役割を担っています。

喘息は厄介な存在ですが、この2種類の管理と治療を促す喘息薬のお陰で、私たちは喘息から身を守ることができているのです。

スポンサーリンク

関連記事

ウイルス感染対策について

インフルエンザの感染に要注意!

喘息を抱えていると呼吸がつらい症状に悩まされることから、同じく呼吸を困難とする風邪、そしてインフ

記事を読む

気管支拡張薬について

アレルギー性喘息:気管支拡張薬の使い方のポイント、副作用

気管支拡張剤とは、気管支平滑筋の収縮を緩めて気道を広げ、呼吸を楽にするのが目的の薬です。

記事を読む

アレルギー性喘息とは?発作の症状と対処について

アレルギー性喘息は命を落とすこともある 喘息は、重症、軽症を問わず、慢性の炎症による気管障害で

記事を読む

抗アレルギー薬について

アレルギー性喘息:抗アレルギー薬の使い方のポイント、副作用

抗アレルギー薬は予防薬として、他の薬と組み合わせたりして使用されることが多い薬です。 つま

記事を読む

喘息に効くツボマッサージで症状改善!

体のさまざまなところに張り巡らされている神経を刺激することは、適切なツボを押すことで疲れを取り除

記事を読む

アレルギー性喘息:吸入ステロイド薬の使い方のポイント、副作用

ステロイド薬という名前を聞いたことがるという方は多いのではないでしょうか。よく聞くのはアトピー性

記事を読む

アレルギーの人に多い咳喘息に注意!

毎日当たり前のように咳が出たり、風邪は治ったはずなのに、咳だけが止まらなかったりという状態に困っ

記事を読む

運動誘発喘息の防止対策について

運動誘発喘息の防止対策について

運動などで体を激しく動かせば息が切れ、ゼーゼーと呼吸が荒くなってしまうのは正常な状態ですが、喘息

記事を読む

腹式呼吸で喘息のつらさを和らげる

喘息を患っていると、通常よりも呼吸が困難になります。 症状が悪化して呼吸がつらくなるほどの

記事を読む

喘息をお持ちの妊婦さんは悪化に注意!

妊娠されている方は、ご自分だけでなくもう一つの大切な命を抱える重大な役割を担っています。

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑