*

アスピリン喘息の防止対策について

公開日: : 最終更新日:2014/10/08 アレルギー性喘息 , , , ,

アスピリン喘息の防止対策について
アスピリンだけでなく、様々な非ステロイド剤により誘発されて起こるのが、アスピリン喘息と呼ばれるものです。

これは気管支喘息の患者が薬を服用してから、だいたい10分前後から数時間以内に発症し、比較的軽度なものから、重症化して意識障害やショックなどを伴い、死に至る場合もあるという恐ろしい病です。

アスピリンなどは気管支喘息の薬として使われている非ステロイド剤のことですが、気管支喘息の人の約90%はこの発作が起こらない人々です。

今までどおりに非ステロイド剤をしようしても大丈夫です。

問題は残り10%にあたるアスピリン喘息を発症してしまう人々です。

アスピリン喘息になる人々は、非ステロイド剤に含まれるNSAIDsという物質に対して発作症状を引き起こしています。

そのため、NSAIDsを含む全ての薬が使用できなくなります。

注射や内服薬だけでなく、外用薬でも発作が起きる場合があります。

NSAIDsは様々な市販薬などに含まれていますので、アスピリン喘息の患者は風邪を引いた場合にも市販の薬を使用することが出来ません。

解熱剤の使用も出来ませんので、基本的には氷水でしのぐ他はありません。

症状が出ない予防だけでなく、風邪などを引かない予防も必要になります。

スポンサーリンク

関連記事

成人喘息は完治する事はあるのか?

喘息は子どものかかる病気のイメージが強く、また子どもの頃に患ってしまい、大人になっても困ってしま

記事を読む

抗アレルギー薬について

アレルギー性喘息:抗アレルギー薬の使い方のポイント、副作用

抗アレルギー薬は予防薬として、他の薬と組み合わせたりして使用されることが多い薬です。 つま

記事を読む

アレルギー性喘息に影響するアトピー素因とは?

喘息は遺伝性があり、アレルギー性喘息は遺伝による影響が大きいといわれています。 アレルギー

記事を読む

酒・タバコについて

アレルギー性喘息への酒・タバコの影響とは?

タバコはもちろんのこと、お酒も喘息にとってはよくない影響を与えます。 まずタバコについてで

記事を読む

喘息をお持ちの妊婦さんは悪化に注意!

妊娠されている方は、ご自分だけでなくもう一つの大切な命を抱える重大な役割を担っています。

記事を読む

アレルギーの人に多い咳喘息に注意!

毎日当たり前のように咳が出たり、風邪は治ったはずなのに、咳だけが止まらなかったりという状態に困っ

記事を読む

気管支拡張薬について

アレルギー性喘息:気管支拡張薬の使い方のポイント、副作用

気管支拡張剤とは、気管支平滑筋の収縮を緩めて気道を広げ、呼吸を楽にするのが目的の薬です。

記事を読む

腹式呼吸で喘息のつらさを和らげる

喘息を患っていると、通常よりも呼吸が困難になります。 症状が悪化して呼吸がつらくなるほどの

記事を読む

アレルギー性喘息とCOPDの違い

アレルゲンへの過剰反応がきっかけとなって引き起こされる症状の一つがアレルギー性喘息で、深刻な場合

記事を読む

運動誘発喘息の防止対策について

運動誘発喘息の防止対策について

運動などで体を激しく動かせば息が切れ、ゼーゼーと呼吸が荒くなってしまうのは正常な状態ですが、喘息

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑