*

消化管アレルギーの症状・原因・治療など

公開日: : 最終更新日:2015/10/20 未分類


ある食物を食べることで、眼や腎臓、呼吸器、皮膚など体のさまざまな臓器にアレルギー反応が起こることを食物アレルギーと言います。
そのうち、血便や下痢、嘔吐、腹痛など消化器に関わる症状が中心にあらわれることを消化管アレルギーと呼びます。

消化管アレルギーの症状

特定の食物を口にしたあと時間をおかずに、さまざまな症状があらわれます。
はじめに嘔吐や吐き気、口唇の腫脹などが発生して、つづいて腹痛や下痢などが引き起こされます。
成長障害や体重減少、体重増加不良、貧血など慢性的な症状が見られることもあるため、十分に注意する必要があります。
嘔吐をともなう場合は放っておくと脱水症状が起こることがあり、重症化する恐れがあります。
一部の患者に発熱が見られることもあり、感染症と勘違いされることもあります。

消化管アレルギーの原因

多くはアレルギー抗原となるたんぱく質を含む食品を食べることで発生します。
大豆や魚介類、小麦、鶏卵、牛乳などが原因であることがほとんどです。
消化管アレルギーは乳幼児に多いのが特徴ですが、消化管の機能が発達しきっていないため、原因食品の抗原蛋白を抗原性が消失するまで消化分解できないからだと言われています。
また、抗原性を維持した状態の蛋白を体内に侵入させないための腸管の保護機能が発達していないというのも理由に含まれます。

消化管アレルギーの治療

はじめに食べたものを確認し、原因となる食品を推定します。
さらに皮膚反応の確認や血液検査の実施によって、アレルギーの原因を特定します。
原因となる食物が特定できたら、その食物を取り除いていくことになります。
症状の程度によって、完全に取り除くのか、部分的に取り除くのかは決定されます。
ほんのわずかでも摂取するのを避けたほうがいい場合は、原因食物が含まれる加工食品も排除の対象となります。
抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬を用いて、症状を改善させていく場合もあります。

スポンサーリンク

関連記事

酵素によるアレルギーの緩和

現代には、多種多様なアレルギーに悩まされている人々がいます。 食物アレルギーや、スギ花粉によるアレ

記事を読む

ステロイド剤の作用、副作用、注意点

いろいろな食べ物や化学物質などにさらされて、アレルギー症状を起こす人たちが非常に増えてきました。

記事を読む

アレルギーとストレスの関わりについて

アレルギー体質、食物や金属、化学物質、花粉などに対するアレルギー反応など、人は日常生活の中でいろ

記事を読む

キトサンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

キトサンとはカニなどの殻から精製する成分で、抗菌作用があるのでさまざまな製品に利用されています。

記事を読む

コンタミネーションアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

コンタミネーションアレルギーについて みなさんはコンタミネーションという言葉を聞いたことがあり

記事を読む

アレルギーとビタミンCの関係

アレルギー性鼻炎の症状の改善にビタミンCが有効だと言われています。 アレルギー対策に有効なだけ

記事を読む

要注意!アレルギー食品が含まれるのに表示されない加工食品がある

近年、特定の食物によってアレルギー反応を起こす人が増えてきています。 そのため、加工食品の

記事を読む

トイプードル

トイプードルアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

トイプードルアレルギーについて みなさんはトイプードルアレルギーがあることをご存知ですが?

記事を読む

ヒスタミンH1-拮抗薬の働き・注意点・副作用について

ヒスタミンH1-拮抗薬はヒスタミンの作用を抑制する薬です。 主にアレルギー症状の治療に用いられ

記事を読む

アレルギーの概要

アレルギーの概要・原因・症状・治療について

体内に侵入してきた異物(抗原)に排除するしくみを免疫(防御機能)といいますが、この免疫機能は人間

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑