*

アトピー性皮膚炎へのプール(塩素)の影響は

公開日: : 最終更新日:2015/10/23 アトピー性皮膚炎


アトピー性皮膚炎にとって、プールでの運動は実は相性の良い運動です。
皮膚につくホコリやチリを気にすることもなく、アトピーを悪化させる原因の一つである汗も常に流れていき、皮膚に長時間残ることがないからです。
しかしながら、プールに含まれる塩素に対しては注意が必要です。

アトピー性皮膚炎とプールの塩素

プールの塩素は殺菌効果が非常に高いものですが、そのために肌への刺激も強いものとなっています。
とりわけアトピー性皮膚炎など肌の疾患がある場合は、普通の人よりも刺激を受けやすい状態にあります。
場合によっては、プールに入ることで症状が悪化したり、かゆみ・赤みが強くなったりすることがあります。

塩素は必要なもの

では、塩素を入れなければ良いのではと思う人もいるでしょう。
しかしながら、殺菌効果を高め、安全なプールにするために塩素は必要なものです。
水の中はさまざまな菌が発生しやすく、ものもらいや発熱の原因になることも多いのです。
塩素は強い刺激から悪者にされがちですが、付き合い方をきちんと考えればそこまで悪いものではありません。

塩素とのつきあい方で大切なのはよく洗い流すこと

まず、プールのあとはシャワーなどでしっかりと塩素の成分を洗い流します。
プール施設によっては湯船が用意されていることもありますが、しっかりと塩素やその他の菌を洗い流す意味ではシャワーのほうが適しています。
髪の毛、耳、爪のあいだなど丁寧に洗い流します。
また、目もしっかりと洗うことも大切ですし、うがいをしてノド・口の中に残った塩素も取り除きましょう。
そのほか、肌が乾燥しがちな場合はそのあとの保湿も大切です。

プール遊びがストレスの軽減になることもある

アトピー性皮膚炎やアレルギーだと、日々の生活の中でストレスがたまっていくケースも珍しくありません。
プール遊びが好きな子供など、きちんと付き合い方を考えて実行することでストレスの軽減に役立つこともあります。
医師との相談のうえ、症状の様子を見ながら無理のない範囲でプールを取り入れると良いでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

アトピーと腸管粘膜の炎症との関係とは

近年の研究の結果で、アトピー性皮膚炎と胃腸のトラブルには関係があることが判明しています。 アレ

記事を読む

アトピー性皮膚炎:ステロイド外用剤の上手なぬり方

つらいアトピー性皮膚炎 アトピー性皮膚炎は、乳幼児に始まり、一部成人期まで持続するとのある湿疹

記事を読む

アトピー性皮膚炎の保湿剤の働きと重要性

アトピー性皮膚炎の治療のなかで有効なのが肌を乾燥させないように保湿剤を用いることです。 保湿剤

記事を読む

アトピー性皮膚炎の「痒み」の理由は?

アトピー性皮膚炎で起こる、強い肌の痒み。 時には眠れなくなるほどの痒みを感じ、睡眠不足に陥る患

記事を読む

ステロイド薬とプロトピック軟膏の併用

アトピー治療の現場やアトピー患者の間で、プロトピックという薬が話題に登ることがあります。 プロ

記事を読む

アトピー性皮膚炎と耳切れ

耳切れという皮膚疾患の症状があります。 これは、耳たぶの付け根が切れてしまう症状で、アトピー性

記事を読む

アトピー炎症後の色素沈着は取れるのか?

アトピー性皮膚炎の炎症がもとで起こる肌の色素沈着が治るかどうか。 これは誰でも、特に女性であれ

記事を読む

アトピー性皮膚炎に効くお茶

アトピー性皮膚炎の症状の改善につながるとされているお茶はいくつかありますが、その中の一つが「ルイ

記事を読む

アトピーの炎症後の色素沈着はステロイド外用剤の副作用ではない

アトピー性皮膚炎の治療薬として広く使われているステロイド外用剤ですが、ステロイドに対し悪い印象を

記事を読む

大人のアトピーと子供のアトピーに違いがある?

子供時代のアトピーと、成人してからのアトピーには違いがあります。 赤ちゃんや小児の頃のアトピー

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑