*

アトピー性皮膚炎へ電磁波の影響は

公開日: : 最終更新日:2015/11/10 アトピー性皮膚炎


アトピー性皮膚炎と電磁波の関係については、まだまだ謎も多くはっきりと「関係があります」と判明していないのが現状です。
しかし、電磁波がアトピーの皮膚に与える影響はあるとする研究結果もあり、見ていくと関係性はあるかもしれないという意見もあります。

現代社会は電磁波と切り離せない

現代はパソコンを使用する頻度がとても高く、仕事ではもちろん、プライベートの趣味などでの使用もとても多くなっています。
パソコンからは、キーボードを通して電磁波の影響があります。
また、携帯電話やスマートフォンなどからも電磁波は発生しています。

電磁波がアトピー性皮膚炎の肌に与える影響

電磁波を受けると体が静電気を帯びるため、それに吸い寄せられる空気中のチリやホコリが肌に悪影響を及ぼすという考え方もあります。
静電気を帯びていると、ホコリ等がぴったりと密着した状態が続くので、肌を清潔に保ちたいアトピーに良くない状態になるというものです。
ホコリが付着することで痒みを伴い、かきむしってしまうというのも悪影響と考えることもできます。
しかしながら、電磁波の影響でなくても乾燥する季節などに静電気は発生しやすい特徴があります。

電磁波を極端に避ける暮らしはしなくても良い

電磁波はアトピー性皮膚炎に影響があるかもしれない、という考えはあるものの、現代の暮らしでは完全にその影響をなくすることはできませんし、電磁波だけに恐怖心を抱くのも良くありません。
電磁波でなくても、洗剤やシャンプー、ヘアケア剤などに含まれる成分が刺激になることもありますし、食べ物の種類で影響が出てしまうこともあります。
電磁波は「もしかしたら影響があるかもしれないけれど、原因の一つに過ぎない」と考えるのが良いでしょう。
中にはアトピー性皮膚炎に悩む人に対して、電磁波さえ防げば治るといった類のことを話し、得体のしれない機器を買わせるといったビジネスもあるので、落ち着いてゆっくりと考え、冷静に正しく判断や対処をするようにしてください。

スポンサーリンク

関連記事

ステロイド薬とプロトピック軟膏の併用

アトピー治療の現場やアトピー患者の間で、プロトピックという薬が話題に登ることがあります。 プロ

記事を読む

アトピー性皮膚炎へのプール(塩素)の影響は

アトピー性皮膚炎にとって、プールでの運動は実は相性の良い運動です。 皮膚につくホコリやチリを気

記事を読む

リアクティブ療法とプロアクティブ療法とは

アトピー性皮膚炎の治療の方法に「リアクティブ療法」と「プロアクティブ療法」があります。 この二

記事を読む

アトピー性皮膚炎に温泉の効果は?

アトピー性皮膚炎など肌の疾患に温泉が良いというのは有名な話です。 しかしながら、実際にどのよう

記事を読む

大人のアトピーと子供のアトピーに違いがある?

子供時代のアトピーと、成人してからのアトピーには違いがあります。 赤ちゃんや小児の頃のアトピー

記事を読む

乳幼児の湿疹とアトピー性皮膚炎

乳幼児の皮膚炎は小児科よりも皮膚科で アトピー性皮膚炎はもともと乳幼児に特有の病気だと考えられ

記事を読む

アトピー性皮膚炎に影響するフィラグリンとは?

フィラグリンとは皮膚を守る働きを持つタンパク質です。 肌の角質層を形成するのに不可欠なもので、

記事を読む

アトピー性皮膚炎の爪や甘皮への影響

爪の甘皮というと、おそらく女性であればあの部分だなとすぐにわかると思います。 爪の付け根に数ミ

記事を読む

アトピー性皮膚炎への環境に関する要因

アレルゲンや刺激をさける アトピー性皮膚炎は、遺伝的な要因であるアトピー素因のほかに、環境に関する

記事を読む

アトピーの炎症後の色素沈着はステロイド外用剤の副作用ではない

アトピー性皮膚炎の治療薬として広く使われているステロイド外用剤ですが、ステロイドに対し悪い印象を

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑