*

リアクティブ療法とプロアクティブ療法とは

公開日: : 最終更新日:2015/12/25 アトピー性皮膚炎


アトピー性皮膚炎の治療の方法に「リアクティブ療法」と「プロアクティブ療法」があります。
この二つには明確な違いがありますが、間違った解釈をしている人も多いと言われています。

リアクティブ療法

リアクティブ療法は、比較的症状の軽いアトピーに対しての治療法です。
薬と保湿剤での治療を、皮膚の状態が良くなったら止め、症状が再燃した場合には再び開始するというものです。
簡単にいえば「アトピーが悪化したときだけ」外用剤を使います。

プロアクティブ療法

プロアクティブ療法は、比較的アトピーの症状が重い患者のための治療法です。
アトピーが悪化してしまう前に、症状を軽く、または症状が出ないようにするための予防を兼ねた治療法です。
治療を行うなかで症状の改善が見られたら、一旦治療を中止するリアクティブ療法とは違い、外用治療の頻度を徐々に減らしながら、そのまま続けて治療を行います。
最終的な目的は、保湿剤でのスキンケアみで症状が安定した状態の肌に導くことです。
長い目で見れば薬の使用総量が少なく済むという声もある治療法です。

プロアクティブ療法が生まれた背景

プロアクティブ療法が生まれた背景には、症状を改善する目的はもちろん、病院の処方薬の価格が高い国の患者の状況に合わせたものでもあります。
処方薬に保険が適応され、比較的安価に手に入れられる日本とは違い、処方薬が高い国では少し症状が改善すると自己判断で治療をやめてしまうケースが多いのです。
そのため、治療をきちんと続けてもらいやすいようにと考えられた療法でもあります。

医師の診断のもと、症状に合わせた療法を試みる

軽度のアトピーにはリアクティブ療法、重度のアトピーにはプロアクティブ療法が効果的と言われてはいますが、その人の肌の状況や再燃の頻度などに合わせ、重度のアトピーでもリアクティブ療法がとられることもあります。
医師の診断のもと、患者に合ったどちらかの治療法でアトピーの症状を改善していきます。

スポンサーリンク

関連記事

アトピー性皮膚炎とはどんな病気?

アトピー性皮膚炎とはどんな病気? 激しいかゆみを伴う湿疹が繰り返しできるアトピー性皮膚炎とはど

記事を読む

アトピー性皮膚炎へ電磁波の影響は

アトピー性皮膚炎と電磁波の関係については、まだまだ謎も多くはっきりと「関係があります」と判明して

記事を読む

皮膚のバリア機能が低下している

アトピー性皮膚炎の皮膚はとてもデリケート アトピー性皮膚炎の人は、もともと皮膚のバリア機能がう

記事を読む

アトピー炎症後の色素沈着は取れるのか?

アトピー性皮膚炎の炎症がもとで起こる肌の色素沈着が治るかどうか。 これは誰でも、特に女性であれ

記事を読む

アトピーと脂肪肝の関連性

アトピーと脂肪肝には関連性があると聞いて驚く人は多いかもしれません。 脂肪肝とは、肝臓に余分な

記事を読む

アトピー性皮膚炎に優しい日本食

アトピー性皮膚炎の改善のためには自然の素材を使った食事が良いと言います。 できるだけ体に優しい

記事を読む

アトピー性皮膚炎の爪や甘皮への影響

爪の甘皮というと、おそらく女性であればあの部分だなとすぐにわかると思います。 爪の付け根に数ミ

記事を読む

アトピー性皮膚炎と耳切れ

耳切れという皮膚疾患の症状があります。 これは、耳たぶの付け根が切れてしまう症状で、アトピー性

記事を読む

アトピー性皮膚炎に効くお茶

アトピー性皮膚炎の症状の改善につながるとされているお茶はいくつかありますが、その中の一つが「ルイ

記事を読む

乳幼児の湿疹とアトピー性皮膚炎

乳幼児の皮膚炎は小児科よりも皮膚科で アトピー性皮膚炎はもともと乳幼児に特有の病気だと考えられ

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑