*

アトピーと脂肪肝の関連性

公開日: : 最終更新日:2015/12/17 アトピー性皮膚炎


アトピーと脂肪肝には関連性があると聞いて驚く人は多いかもしれません。
脂肪肝とは、肝臓に余分な脂肪がたまっている状態のことです。
脂肪肝が体に悪いことはわかっていても、アトピー性皮膚炎とも関係があるのは少し不思議に感じます。
どうしてアトピーと脂肪肝には関係があるのでしょうか。

コレステロールがアトピーの症状を悪化させる

脂肪肝がアトピーに悪影響を及ぼす原因の一つは、コレステロールがアレルギー反応を強くしてしまうことにあります。
また、コレステロールは皮膚組織を攻撃する性質を持つ細胞を活性化させてしまうということも明らかになっているのです。

脂肪肝は大人だけの問題ではない

「脂肪肝」と聞くと、子どもや青年期の人にはあまり関係のない話と思うかもしれません。
しかし、近年の食文化の変化や不摂生な生活の中で、若い子供たちや赤ちゃんにまで広がっているのです。
昔ながらの和食よりもパンやマーガリン、マヨネーズ、スナック菓子を食べる機会が増えたことと、子供たちの食の好みが洋食寄りになっていることも大きく関係しています。
また、そのようなコレステロールの高い食事に加え、運動不足で脂肪を燃やす機会がないことも原因の一つです。
大人の場合も、必要なカロリーが減ってくる年齢になっても高カロリー・高コレステロールの食事を摂る食生活の人が多くなっているので、充分に注意しなければなりません。

食事の内容を変えてみる

脂肪肝がアトピーを必ず引き起こすというわけではありませんが、さまざまな成人病の引き金になるので予防を考えることは大切です。
また、現在アトピーの場合は、治療をスムーズに行うためにも予防したいものです。
脂肪肝になりにくい食事はなんといっても和食で、素材も白米よりも玄米を選ぶなど、自然な成分が残っている状態のものが良いでしょう。
精製していない食品には、食品に含まれる余分なものが体に吸収されるのを防ぐ効果があると言われています。
つまり、コレステロールが吸収されるのを抑える効果もあり、脂肪肝の予防にも効果的です。

スポンサーリンク

関連記事

アトピー性皮膚炎と目への影響

アトピー性皮膚炎と目の病気には、実は深い関係があります。 とくに顔の皮膚のアトピーの症状が重け

記事を読む

アトピーの炎症後の色素沈着はステロイド外用剤の副作用ではない

アトピー性皮膚炎の治療薬として広く使われているステロイド外用剤ですが、ステロイドに対し悪い印象を

記事を読む

アトピー性皮膚炎の「痒み」の理由は?

アトピー性皮膚炎で起こる、強い肌の痒み。 時には眠れなくなるほどの痒みを感じ、睡眠不足に陥る患

記事を読む

アトピー性皮膚炎へのプール(塩素)の影響は

アトピー性皮膚炎にとって、プールでの運動は実は相性の良い運動です。 皮膚につくホコリやチリを気

記事を読む

ステロイド薬とプロトピック軟膏の併用

アトピー治療の現場やアトピー患者の間で、プロトピックという薬が話題に登ることがあります。 プロ

記事を読む

リアクティブ療法とプロアクティブ療法とは

アトピー性皮膚炎の治療の方法に「リアクティブ療法」と「プロアクティブ療法」があります。 この二

記事を読む

アトピー性皮膚炎に優しい日本食

アトピー性皮膚炎の改善のためには自然の素材を使った食事が良いと言います。 できるだけ体に優しい

記事を読む

アトピー性皮膚炎への油の影響は

アトピー性皮膚炎には油が良くないと言われますが、なぜ油が悪いのか、体にどのような影響があるのかを

記事を読む

アトピー性皮膚炎:ステロイド外用剤の上手なぬり方

つらいアトピー性皮膚炎 アトピー性皮膚炎は、乳幼児に始まり、一部成人期まで持続するとのある湿疹

記事を読む

アトピー性皮膚炎の保湿剤の働きと重要性

アトピー性皮膚炎の治療のなかで有効なのが肌を乾燥させないように保湿剤を用いることです。 保湿剤

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑