*

アトピーの炎症後の色素沈着はステロイド外用剤の副作用ではない

公開日: : 最終更新日:2016/01/08 アトピー性皮膚炎


アトピー性皮膚炎の治療薬として広く使われているステロイド外用剤ですが、ステロイドに対し悪い印象を持つ人は少なくありません。
今までのアトピー治療の中でステロイド外用剤に対する間違った印象が広がったためです。
現在では正しく使用すれば治療に効果的な薬であるとの認識が定着しつつあります。

色素沈着はステロイド外用剤によるものではない

ステロイドに対する間違った印象の中でも声が大きいのが「ステロイドを使うと肌が色素沈着を起こす」というものです。
アトピー性皮膚炎を起こしている部分の肌が黒ずみ、そのまま残ってしまうのはステロイドのせいだと考える人が多いのですが、これは実際には湿疹の炎症が長引いてしまうために起こる「炎症後色素沈着」と呼ばれるもので、ステロイド外用剤とは直接関係がないものです。

色素沈着は薬を正しく使わないことでも起こる

ステロイド外用剤による色素沈着があると思い込み、処方された薬をできるだけ使わず、どうしても痒みを我慢できない時だけ使うなどしていると、本来は落ち着いたはずの炎症が思いのほか長引いてしまい、その結果で肌が黒ずむ場合があります。
これを「ステロイドの副作用」と勘違いし、さらに薬を避けるようになると治療も長引き、色素沈着も治らないというループに陥る可能性があります。
ステロイド外用剤は医師の診察のもと、アドバイスされた通りにきちんと使いましょう。

ステロイド外用剤の知識が豊富な皮膚科医をみつけること

ステロイドは効果が高い薬で、そのぶん成分も強めの薬となっています。
そのため、ステロイドに対する知識が豊富な皮膚科医をかかりつけの医師にすることが、正しいステロイド外用剤治療の一歩になります。
症状の出ている部分や肌の状態に合わせた濃度のステロイド外用剤を用い、患者側も正しく使うことができれば、ステロイドは決して悪者ではありません。
ステロイドは原因そのものを取り除いたり、皮膚の強さなどを変えていくものではありませんが、その点においても知識のある医師のもとでの治療であれば、湿疹の再発や改善のためのの対応もスムーズだと言えます。

スポンサーリンク

関連記事

アトピー性皮膚炎への油の影響は

アトピー性皮膚炎には油が良くないと言われますが、なぜ油が悪いのか、体にどのような影響があるのかを

記事を読む

大人のアトピーと子供のアトピーに違いがある?

子供時代のアトピーと、成人してからのアトピーには違いがあります。 赤ちゃんや小児の頃のアトピー

記事を読む

皮膚のバリア機能が低下している

アトピー性皮膚炎の皮膚はとてもデリケート アトピー性皮膚炎の人は、もともと皮膚のバリア機能がう

記事を読む

乳幼児の湿疹とアトピー性皮膚炎

乳幼児の皮膚炎は小児科よりも皮膚科で アトピー性皮膚炎はもともと乳幼児に特有の病気だと考えられ

記事を読む

アトピー性皮膚炎:ステロイド外用剤の上手なぬり方

つらいアトピー性皮膚炎 アトピー性皮膚炎は、乳幼児に始まり、一部成人期まで持続するとのある湿疹

記事を読む

アトピー性皮膚炎の爪や甘皮への影響

爪の甘皮というと、おそらく女性であればあの部分だなとすぐにわかると思います。 爪の付け根に数ミ

記事を読む

アトピー性皮膚炎に優しい日本食

アトピー性皮膚炎の改善のためには自然の素材を使った食事が良いと言います。 できるだけ体に優しい

記事を読む

アトピー性皮膚炎へ電磁波の影響は

アトピー性皮膚炎と電磁波の関係については、まだまだ謎も多くはっきりと「関係があります」と判明して

記事を読む

リアクティブ療法とプロアクティブ療法とは

アトピー性皮膚炎の治療の方法に「リアクティブ療法」と「プロアクティブ療法」があります。 この二

記事を読む

アトピー性皮膚炎と耳切れ

耳切れという皮膚疾患の症状があります。 これは、耳たぶの付け根が切れてしまう症状で、アトピー性

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑