*

アレルギー性鼻炎とは

公開日: : 最終更新日:2015/10/22 アレルギー性鼻炎 , , , ,

アレルギー性鼻炎とは
アレルギー性鼻炎は、花粉、ほこり、ダニなどの吸入性アレルゲンによって起こるくしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの鼻の粘膜のアレルギーです。
人によっては、目がかゆくなったり(アレルギー性結膜炎)頭痛、嗅覚障害なども併発します。

花粉症は、発症する時期がある程度決まっているので、季節性鼻アレルギーと呼ばれることもあり、春にはスギやヒノキ、夏はカモガヤ、秋ならブタクサなどが原因とされています。

アレルギー性鼻炎の中でも、特に花粉症にかかる人は年々増え続けていますので、国民病と言っても過言ではないでしょう。

また、ほこり、ダニなどによっておこるものを、通年性アレルギー性鼻炎と呼びます。

こちらも、発症者は増え続けているようです、特に夏から秋へ変わり目で、ダニの死骸が増える頃には、小さな子供にも鼻炎が増えてきますから、できるだけ清潔にしておくことが大切です。

加えてアレルゲンだけではなく、生活習慣や食事、環境の変化や大気汚染などとの関わりが指摘されており完治するのが難しい病気の一つです。

実は、アレルギー性鼻炎と喘息とは深い関わりがあります。

成人喘息患者の60~80%はアレルギー性鼻炎を合併しており、40~60%がX線上では副鼻腔炎が見られます。
アレルギー性鼻炎は、粘膜の腫れによる鼻づまりや、鼻水の過剰分泌が主な症状です。

しかしながら、これを繰り返していると、粘膜の炎症組織がブドウ状に異常発育して鼻ポリープ(鼻たけ)ができます。
この鼻ポリープがさらに鼻を詰まらせ、副鼻腔の開口部も閉鎖してしまうと、副鼻腔に分泌液がたまり、そこに最近が感染して副鼻腔炎が起こります。

アレルギー性鼻炎は風邪に似ていますが、風邪に比べてはるかに長期間にわたるのが特徴です。
鼻が詰まって口呼吸になると、喉を痛めて喘息を起こしやすくなったり、唾液が蒸発して歯周病を起こしやすくなるなど、良いことはありません。

したがって、「たかか鼻水ぐらい」と軽視せず、適切な治療を行う必要があります。

基本的には、なるべくアレルギーを起こすものに近づかないことが対応策となるのですが、空気が乾燥しすぎると症状が出やすくなりますので、加湿器を使うなどして、常に適度な湿気を維持することが効果的とされています。

スポンサーリンク

関連記事

アレルギー性鼻炎の治療

アレルギー性鼻炎の治療【生活環境・生活習慣の改善】

アレルギー性鼻炎の治療は、いくつかの段階に分けることができますが、もっとも基本的で大切なのが、生

記事を読む

アレルギー性鼻炎の検査

アレルギー性鼻炎の検査・診断について

アレルギー性鼻炎の検査で耳鼻咽喉科に行くと、まずは問診を受け、いつ頃からの症状か、症状が出やすい

記事を読む

アレルギー性鼻炎の減感作療法について

アレルギー性鼻炎の減感作療法について

アレルギー性鼻炎の治療法の中でも、やや特殊なのが減感作療法と呼ばれるものです。 これは、ア

記事を読む

アレルギー性鼻炎の原因

アレルギー性鼻炎の原因

アレルギー性鼻炎の原因を簡単に言い表すとしたら、過剰な免疫反応ということになります。 人間

記事を読む

アレルギー性鼻炎の症状

アレルギー性鼻炎の症状

アレルギー性鼻炎の症状として、代表的なものが「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」の3つで、これをアレ

記事を読む

アレルギー性鼻炎の薬物療法について

アレルギー性鼻炎の薬物療法について

アレルギー性鼻炎の治療法として、もっとも効果が高く、中心的なものが「薬物療法」です。 使わ

記事を読む

アレルギー性鼻炎の外科的療法

アレルギー性鼻炎の外科的療法について

アレルギー性鼻炎の症状である鼻づまりなどひどく、薬物療法では改善が見られないようなときには、外科

記事を読む

アレルギー性鼻炎:鼻噴霧用ステロイド薬の使い方のポイント、副作用

アレルギー性鼻炎の治療に用いる鼻噴霧用ステロイド薬は、症状を和らげる対症療法の一つです。

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑