*

アレルギー性鼻炎:鼻噴霧用ステロイド薬の使い方のポイント、副作用

公開日: : 最終更新日:2015/10/22 アレルギー性鼻炎, ステロイド

アレルギー性鼻炎の治療に用いる鼻噴霧用ステロイド薬は、症状を和らげる対症療法の一つです。
ステロイド薬を内服する全身的療法は、たいへん効果的ですが副作用のリスクも高まります。

一般的には、抗アレルギー薬を用い、それでも効かないほど症状がひどい時にステロイド薬を内服します。
内服は頓服として短期間に止める方が望ましいとされています。
一方、鼻噴霧用ステロイド薬は局所治療として用いられます。

微量で鼻に良く効くうえ、体内に吸収されにくいために全身的副作用が少ないという利点があります。
一方の鼻の穴だけではダメで、左右の鼻に同じように噴霧しなければなりませんが、こどもの場合、においや刺激を嫌がってきちんと使用できないことがあるのできちんと理解させます。
アレルギー性鼻炎の患者の30%は小児アレルギー性鼻炎患者と言われるほど、こどものアレルギーが増加しています。

こどものアレルギー性鼻炎は自然治癒することが少なく、高い割合で成人に移行することから、症状が軽いうちから積極的に治療するほうが望ましいと考えられています。
こどもの鼻づまりには鼻噴霧用ステロイドは有効ですが、粘膜から吸収されたステロイドがまれに全身症状を起こすという報告があります。

局所的な副作用では、鼻噴霧するときに粘膜を傷つけてしまい鼻血が出ることがあるので、鼻の外側向けて点鼻するようにすればよいでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

アレルギー性鼻炎の減感作療法について

アレルギー性鼻炎の減感作療法について

アレルギー性鼻炎の治療法の中でも、やや特殊なのが減感作療法と呼ばれるものです。 これは、ア

記事を読む

ステロイドとは?

ステロイドは体内にあるホルモン ステロイドは、本来は私たちの体の中の、「副腎」(ふくじん)とい

記事を読む

アレルギー性鼻炎の治療

アレルギー性鼻炎の治療【生活環境・生活習慣の改善】

アレルギー性鼻炎の治療は、いくつかの段階に分けることができますが、もっとも基本的で大切なのが、生

記事を読む

アレルギー性鼻炎の検査

アレルギー性鼻炎の検査・診断について

アレルギー性鼻炎の検査で耳鼻咽喉科に行くと、まずは問診を受け、いつ頃からの症状か、症状が出やすい

記事を読む

ステロイド恐怖症

ステロイドバッシング 1992年のニュース番組で、キャスターが「ステロイドは最後の最後まで使っ

記事を読む

アレルギー性鼻炎の外科的療法

アレルギー性鼻炎の外科的療法について

アレルギー性鼻炎の症状である鼻づまりなどひどく、薬物療法では改善が見られないようなときには、外科

記事を読む

アレルギー性鼻炎の原因

アレルギー性鼻炎の原因

アレルギー性鼻炎の原因を簡単に言い表すとしたら、過剰な免疫反応ということになります。 人間

記事を読む

アレルギー性鼻炎とは

アレルギー性鼻炎とは

アレルギー性鼻炎は、花粉、ほこり、ダニなどの吸入性アレルゲンによって起こるくしゃみ、鼻水、鼻づま

記事を読む

経口ステロイド薬:使うケース、特徴、副作用

経口ステロイド薬の飲み方 経口ステロイド薬は、朝に多い量を飲むのが普通です。理由は二つあります

記事を読む

アレルギー性喘息:吸入ステロイド薬の使い方のポイント、副作用

ステロイド薬という名前を聞いたことがるという方は多いのではないでしょうか。よく聞くのはアトピー性

記事を読む

水疱性類天疱瘡を詳細に:原因,症状,検査,治療など

水疱性類天疱瘡とは 水疱性類天疱瘡(すいほうせいるいて

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

→もっと見る

PAGE TOP ↑