*

秋のアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/02/24 物理アレルギー , , , ,

秋のアレルギーの特徴

アレルギーの原因

秋のアレルギーというと、秋の花粉症が代表的に多いようです。
特に、ヨモギ、ブタクサ、イネ科などの花粉が飛来し、花粉症のきっかけになる場合が一般的です。
その他、ダニやダニの死骸、フンなどが原因で起こるハウスダストも、秋に発症するアレルギーの1つでもあります。

症状

身体の一部に痒み、かぶれ、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、喘息的症状などがあげられます。
鼻水、鼻づまりを放置しておくと、副びく炎、蓄のう症にまで併発させる事もあります。
喘息的症状も放置しておくと、呼吸困難な症状まで併発する場合もあります。

特徴

上記のように、秋の花粉症(ヨモギ、ブタクサなど)がきっかけで発症するケースが多いようです。
また、夏までに繁殖、増殖していたダニなどの死骸、フンが増え、
それがハウスダストとなり、喘息的症状にまで発症するケースも特徴としてあります。
その他、夏から秋という暑さから寒さに切り替わる気温の変化が原因で、自律神経のバランスが乱れやすくなるものです。
これは、夏に起こる台風などの気圧の変化や、(春から夏よりも)暑い夏から肌寒い秋に変わる急激な気温の変化が、
特に喘息体質な方にとっては、二重的症状として一番辛い時期になるのも特徴的でしょう。

治療

まずは、アレルギー科、耳鼻咽喉科などの専門医に受診し、アレルギー検査をしましょう。
そして、適切な治療を受ける事が一番大事です。
特に、喘息的症状がある方の場合は、病院で薬の吸引などをしてもらい、
気管支拡張テープ(もちろん、これも薬です)を処方してもらうようにしましょう。
(服用の薬だけではなく、このテープがあるだけでも、随分と呼吸が楽になります。)

注意点

花粉症に効果があると言われているものを使用、飲食などをするのもいいかと思いますが、
何より花粉症を予防するようにするのが一番大切です。部屋には空気清浄機の設置をお勧めします。
その他、布団や毛布、枕などハウスダストの根源となりうるものは、しっかりと日干しをして、
その後に掃除機で丁寧にダニ、ダニなどの死骸、フンを取り除く事も大切です。
エアコン、カーペットなども含め、部屋中をこまめに掃除する事が、一番大事だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

水道水アレルギー

水道水アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

水道水について みなさんの生活には欠かせない水道水ですが実は水道水でアレルギーが出る人がいるの

記事を読む

ゴムアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ゴムアレルギーは、天然ゴムを使用した製品に触れることで起こるアレルギー症状のことを言います。

記事を読む

化繊アレルギーの特徴・症状

化繊アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

化繊アレルギーについて みなさんはについて知っていますか? 化繊アレルギー実は化学繊維が肌に

記事を読む

no image

コンタクトレンズとアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

コンタクトレンズは眼鏡の煩わしさから開放され、スポーツやファッションを楽しむうえでも大きなメリットが

記事を読む

羽毛布団アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

現在日本には、数えきれないほどのアレルギーが存在しています。 金属アレルギーや食物アレルギー、

記事を読む

ラベンダーアレルギーの特徴

ラベンダーアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 ラベンダーアレルギーは、ラベンダーそのもの、またはラベンダーの精油、ラベンダ

記事を読む

ダストアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

近年急激に増えているアレルギー疾患の患者。 その中のほとんどが、さまざまなアレルゲンが複合的に

記事を読む

プールアレルギー

プール塩素アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

プール塩素アレルギーとは? みなさんはプール塩素アレルギーという言葉を聞いたことがありますか?

記事を読む

季節性アレルギーの特徴

季節性アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 季節性アレルギーの原因は、花粉症など空気中に伝って起こるある一定に季節に

記事を読む

フェレットアレルギーの特徴

フェレットアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

フェレットアレルギーの原因は、フェレットに接触などをする事によってアレルギーが引き起こるものだと

記事を読む

水疱性類天疱瘡を詳細に:原因,症状,検査,治療など

水疱性類天疱瘡とは 水疱性類天疱瘡(すいほうせいるいて

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

→もっと見る

PAGE TOP ↑