*

フェレットアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/03/11 物理アレルギー

フェレットアレルギーの特徴
フェレットアレルギーの原因は、フェレットに接触などをする事によってアレルギーが引き起こるものだと考えられます。
また、フェレットをただ単に接触するだけではなく、フェレットを飼っているうちに、フェレットアレルギーになる事もあります。

症状

フェレットアレルギーの症状としては・・・、
・全身、または身体の一部に赤み、痒み、かぶれ、湿疹、発疹、蕁麻疹などの皮膚的症状
・ぜん息、呼吸困難的症状
・・・などがあげられます。

特徴

フェレットアレルギーの特徴は、フェレットのみならず、犬、猫などの動物にも言える事ですが、フェレットを飼っていても暫くの間は平気だったのに、フェレットアレルギーを発症する場合があります。
また、フェレットアレルギーは、フェレットの体毛、フケなどで発症するのも特徴かと思われます。

治療

フェレットアレルギーの治療としては、皮膚的症状が起きた場合は皮膚科に、ぜん息などの呼吸困難的症状が起きた場合は、内科、呼吸器科などの専門医に受診をしましょう。
そして、出来る事ならアレルギー科などの専門医に受診をし、アレルギー検査をする事も大切です。
また、呼吸困難的症状で辛いようであれば、服用の薬以外に気管支拡張テープを処方してもらうといいでしょう。

注意点

フェレットアレルギーの注意点は、フェレットに接触をしただけなど、一時の症状で治まるのであればいいのですが、フェレットを飼っていらっしゃるのであれば、やはりフェレットアレルギーを治療、予防をしていくようにする事が大切です。
犬のように散歩には出さないのであれば、小まめな掃除、布製の物の洗濯は必要です。
室内がフローリング畳のような和室は、フェレットの体毛、フケからダニも繁殖、増殖もしますので、日頃からこまめに掃除をしていきましょう。
そして、窓を閉めている時は空気清浄機などをつける、窓を開けて室内の風通しを良くする事も大事だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

ゴキブリアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ゴキブリは私たちの生活の中で害虫と呼ばれ、できるだけ遭遇したくないものとして認識されている昆虫で

記事を読む

うさぎアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

うさぎはペットとしても大変人気のある動物です。 室内にケージを置いて、ペット用のうさぎとの生活

記事を読む

カビアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

高温多湿な日本の環境はカビが好みやすく、発生もしやすい環境となっています。 特に初夏から真夏に

記事を読む

ほこりアレルギー

ほこりアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 家中の細かいほこり、塵などが原因で引き起こします。 これをハウスダストと一

記事を読む

インコアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

セキセイインコなど、小鳥をペットとしてかわいがっている人は多いでしょう。 しかし、インコを飼い

記事を読む

ダニアレルギーの特徴

ダニアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ダニアレルギーについて みなさんはダニアレルギーについてどの様な感想をお持ちですか? 実はダ

記事を読む

ペットアレルギーの特徴

ペットアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ペットアレルギーについて みなさんはダニアレルギーなどは聞いたことがあるでしょうが、ペットアレ

記事を読む

ハムスターアレルギーの特徴

ハムスターアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ハムスターアレルギーについて 実はハムスターアレルギーというアレルギーもあるのです。 今回は

記事を読む

造影剤アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

造影剤というものを知っているでしょうか。 医療の現場で用いられる医薬品で、主に体内に注入して使

記事を読む

線香アレルギーの特徴

線香アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

みなさんは線香についてのアレルギーを聞いたことがありますか?実は線香でアレルギー反応が出る人もい

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑