*

馬アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/04/05 物理アレルギー

馬アレルギーの特徴

馬アレルギーとは?

馬アレルギーは馬の皮膚から出るフケにその原因があるようです。
そのフケが口や鼻から体内に入り馬アレルギーを引き起こすようです。

やはり基本は病因で検査をしてもらうことです。
血液検査などが検査の方法になります。

あとは馬油を使用すると、蕁麻疹が出たり、はれたりすることがあるようです。
それも馬アレルギーの場合もあります。

馬アレルギーの症状。

蕁麻疹が出る。
鼻水が止まらなくなるなどの症状があるようです。
対処法はできるだけ馬の近くに近付かないということになります。

どうしても馬に係る仕事などについていて、馬と係る仕事をしている人はマスクをすると症状が軽くなることが多いようです。
そうではない場合はできるだけ馬の近くには近づかないようにしましょう。

馬アレルギーになったら。

馬アレルギーになったらまずは病院に行きましょう。
受診する科目は内科や皮膚科になります。
アレルギーの専門医に診断してもらったほうがいいでしょう。

インターネットなどを利用してアレルギーの専門医を探して受診するようにしたらいいでしょう。
アレルギーの検査ですが、大きく分けて2つのアレルギーの検査があります。

まず、初めは血液検査です。
次はブリックテストです。
ブリックテストとは、実際に皮膚にアレルギーの可能性がある物質を注射したりして、どの様な反応があるのか調べることになります。

費用としてはブリックテストの方が低価格になっています。
また、すぐに結果がわかるのはブリックテストの方が早く分かります。

そもそもアレルギーとは何か?

ではアレルギーとはそもそもどの様なものになるのでしょうか?アレルギーとは体の中にアレルギー物質が入ってくることにより、体内の抗体システムが反応してアレルギー反応を起こすことになります。
つまり、ウイルスなどに対して体内の免疫システムが正常に反応することがアレルギーであるといえます。
できれば医者にかかり、処方された薬などを飲むようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

イネ科アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

イネ科アレルギーとは、イネ科の植物に対して体がアレルギー反応を起こすことをいいます。 イネ科の

記事を読む

no image

コンタクトレンズとアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

コンタクトレンズは眼鏡の煩わしさから開放され、スポーツやファッションを楽しむうえでも大きなメリットが

記事を読む

雨アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

雨の日になるとアレルギーの症状が悪化するという人が少なくありません。 そしてこの現象のことを雨

記事を読む

チモシー アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

チモシーアレルギーという名前自体があまり世の中に出回っていないのでなかなか理解されにくいところが

記事を読む

ヒノキアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

花粉症のアレルギー症状を引き起こす春の植物というと、スギを思い浮かべる人がほとんどでしょう。

記事を読む

化粧アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

今や人前に出る際のマナーの一つとして、化粧をすることが当然だという風潮があります。 実際、化粧

記事を読む

化学物質アレルギーの特徴

化学物質アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

化学物質アレルギーの原因は、化学物質で作られたものに接触、抵触などをする事によって、アレルギー反

記事を読む

羽毛布団アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

現在日本には、数えきれないほどのアレルギーが存在しています。 金属アレルギーや食物アレルギー、

記事を読む

ラベンダーアレルギーの特徴

ラベンダーアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 ラベンダーアレルギーは、ラベンダーそのもの、またはラベンダーの精油、ラベンダ

記事を読む

うさぎアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

うさぎはペットとしても大変人気のある動物です。 室内にケージを置いて、ペット用のうさぎとの生活

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑