*

化学物質アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/03/11 物理アレルギー

化学物質アレルギーの特徴
化学物質アレルギーの原因は、化学物質で作られたものに接触、抵触などをする事によって、アレルギー反応を引き起こしてしまうアレルギーであると考えられます。
化学物質によるものである為、人によってはアレルギー要素となるのが1つとは限らない場合があります。

症状

化学物質アレルギーの症状は、全身、または身体の一部に赤み、痒み、湿疹、発疹、蕁麻疹、ただれなどの皮膚的症状の他、
頭痛、頭重、吐き気、めまいなどの内的症状、消化器系的症状などがあげられます。
また、アレルギー要素となるアレルゲンによっては、気管支的症状、呼吸困難的症状を引き起こすケースもあります。

特徴

化学物質アレルギーの特徴は、化学物質によってアレルギー症状を引き起こすものであり、化学物質過敏症と呼ばれるものとは微妙に違うと思われます。
アレルギーの原因にも記述したように、人によってはアレルギー要素となるアレルゲンが1つとは限らない場合があり、時には住宅などの建物に使用される建材、生活用品、書籍などの本・・・などといったものまで様々であったというケースもあります。
また、化学物質アレルギーから洗剤アレルギーなど、他のアレルギーまでも併発する事もあります。

治療

化学物質アレルギーの治療は、皮膚的症状を引き起こした場合は皮膚科に、内的症状、消化器系的症状を引き起こした場合は内科、もしくは消化器科に、気管支的症状、ぜん息などといった呼吸困難的症状を引き起こした場合は内科、もしくは呼吸器科などといった専門医に受診をし、診断をしてもらうようにしましょう。
特に、化学物質アレルギーの場合は、何がアレルゲンとなるのかを知る必要があります。
なので、アレルギー専門の病院に受診をし、アレルギー検査、血液検査をする事が重要となります。

注意点

化学物質アレルギーの注意点は、化学物質過敏症とは違う点から、上記にもあるようにアレルギー検査をするのは非常に重要です。
なので、アレルギー専門医に受診をし、相談をするといいでしょう。
また、アレルゲンが多いといった症状がある場合は、EMという成分を配合した活性液があります。
この活性液を希釈し、アレルゲンと思われるものに吹きかけるだけでも効果が期待出来ると思われます。
ただし、症状や状況をよく熟知するようにし、慎重にするようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

カンジダ菌アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

カンジダ菌というと、女性の性病を思い浮かべる人が多いかもしれません。 しかし実際はカンジダ菌は

記事を読む

ペニシリウムアレルギー

ペニシリウムアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ペニシリウムアレルギーについて みなさんはペニシリウムアレルギーというものを聞いたことがありま

記事を読む

布団アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

人間はどんなに健康であっても、一日の仕事が終われば次の日のために布団に横になって休みます。

記事を読む

繊維アレルギーの特徴

繊維アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

繊維アレルギーの原因は、化学繊維によって作られた服、雑貨、寝具などを身につける、接触、抵触をする

記事を読む

バリウムアレルギーの特徴

バリウムアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

バリウムアレルギーの原因は、バリウムを体内に摂取する事により、アレルギー反応を引き起こすものだと

記事を読む

温泉アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

寒くなり冬が近づいてくると、温泉が恋しくなるという人は多いでしょう。 混浴ができる温泉や、美容

記事を読む

化繊アレルギーの特徴・症状

化繊アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

化繊アレルギーについて みなさんはについて知っていますか? 化繊アレルギー実は化学繊維が肌に

記事を読む

線香アレルギーの特徴

線香アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

みなさんは線香についてのアレルギーを聞いたことがありますか?実は線香でアレルギー反応が出る人もい

記事を読む

紙アレルギーの特徴・症状

紙アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

紙アレルギーについて みなさんは紙アレルギーが存在することを知っていますか? 日常生活の様々

記事を読む

犬アレルギー

犬アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 犬の体毛、体毛に付いているダニなどに犬アレルギーを発症する場合と、犬その

記事を読む

水疱性類天疱瘡を詳細に:原因,症状,検査,治療など

水疱性類天疱瘡とは 水疱性類天疱瘡(すいほうせいるいて

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

→もっと見る

PAGE TOP ↑