*

ペニシリウムアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/01/23 物理アレルギー , , , ,

ペニシリウムアレルギー

ペニシリウムアレルギーについて

みなさんはペニシリウムアレルギーというものを聞いたことがありますか?
あまり馴染みがない言葉ですが、ペニシリウムアレルギーというものがあるのです。
今回ご紹介するのは、実は私達の生活に身近なペニシリウムアレルギーについてです。

そもそもペニシリウムって何?

そもそもペニシリウムとはいったい何でしょうか?
ペニシリウムとは青カビの一群で、昔はこのペニシリウムからペニシリンを生成していました。
つまり、ペニシリウムと青カビは同義語で、ペニシリウムの別の言い方が青カビになります。
ペニシリウムは現在約150種類に分類されています。
食品のチーズの生成にもよく使用されていることで有名です。

どんな場合にペニシリウムアレルギーになるの?

それではどの様な場合にペニシリウムアレルギーになるのでしょうか?
ペニシリウム青カビですので、食品を常温で放置していたりすると発生します。
代表的なのはパンを置いておくと、青カビが発生することが有りますので、そのことがペニシリウムアレルギーを持っている人にはアレルゲンになります。
ですので、掃除をこまめにして、食品を放置しないようにしましょう。

アレルギーになったら体質改善を考えてみては?

実はアレルギーになったら体質改善をすることがよく言われます。
体質改善の方法ですが、運動を定期的に行うことがまずあげられます。
仕事が忙しい人や近くにスポーツができる場所がない人は、ウォーキングマシーンを購入して自宅で運動をするようにしたらいいでしょう。
つぎに、食事で体質改善する方法です。
基本的には、日本人の体には和食が一番合っているのですから、洋食やインスタント食品や冷凍食品などを食べている人は、和食にするといいかもしれませんね。
また、和食でも、塩分は控えめにした方がいいと思います。
次に睡眠を適度に取ることが重要になります。
1日8時間は寝たら健康に良いと言われています。

スポンサーリンク

関連記事

即時型アレルギーの特徴

即時型アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

即時型アレルギーの原因は、アレルギー要素となるアレルゲンが体内に摂取、接触、抵触、侵入をする事に

記事を読む

ハルガヤアレルギー

ハルガヤアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ハルガヤアレルギーとは何か? ハルガヤアレルギーとはどの様なものになるのでしょうか? まず、

記事を読む

繊維アレルギーの特徴

繊維アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

繊維アレルギーの原因は、化学繊維によって作られた服、雑貨、寝具などを身につける、接触、抵触をする

記事を読む

プールアレルギー

プール塩素アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

プール塩素アレルギーとは? みなさんはプール塩素アレルギーという言葉を聞いたことがありますか?

記事を読む

水道水アレルギー

水道水アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

水道水について みなさんの生活には欠かせない水道水ですが実は水道水でアレルギーが出る人がいるの

記事を読む

杉アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

あたたかくなり春が訪れると、心配されるのは杉花粉によるアレルギーです。 現在は多種多様なアレル

記事を読む

白樺アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

白樺はおもに北海道に生えている樹木です。 5月初旬から6月いっぱいにかけて花を咲かせます。

記事を読む

ネイルアレルギーの特徴

ネイルアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ネイルアレルギーの原因は、ネイル(マネキュア)が爪(特に身体に付着する部分)をつける事によって、

記事を読む

うさぎアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

うさぎはペットとしても大変人気のある動物です。 室内にケージを置いて、ペット用のうさぎとの生活

記事を読む

電気アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

あまり知られることのない症状ですが、電気製品などから発せられる電磁波に体が過剰反応を起こし、さま

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑