*

ペットアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/02/19 物理アレルギー , , , ,

ペットアレルギーの特徴

ペットアレルギーについて

みなさんはダニアレルギーなどは聞いたことがあるでしょうが、ペットアレルギーがあることを知っていますか?
今回はペットアレルギーの原因と対策についてご紹介します。

ペットアレルギーで一番多いのは犬と猫のアレルギーでしょう。
また、ウサギやハムスターなど、人が飼うペットであればペットアレルギーが出ることがあります。

実はペットアレルギーは子供にとっては喘息の要因になることが知られています。
ですので、喘息を持っている人は犬や猫などのペットは飼わない方がいいでしょう。
ペツトアレルギーの主な原因ですが、ペットのアカなどもその原因の成分になっています。

猫アレルギーについて

それではペットアレルギーの中で代表的な猫アレルギーについて見て行きましょう。
猫アレルギーの人は部屋の中の猫がいるだけでアレルギー症状がでます。

ペットアレルギーの人の対策

次にペットアレルギーの人の対策方法を見て行きましょう。
対策方法としてはこまめなペットのブラッシングです。
このことによりダニや汚れがペットの毛につきにくくなります。

部屋に空気清浄機を部屋に置くようにしましょう。
猫のフケは実は空気中に長い間とどまります。
ですので、空気清浄機などを利用することがいいのです。

やはり、昔から言われていることですが、体質改善が非常に重要になります。
体質改善の方法は様々ですので、自分に合った方法を行うようにするようにしたらいいでしょう。

また、ペットアレルギーがある人は、寝室では一緒に寝ないようにしたらいいでしょう。

取替え式のカーペットクリーナーをペットにする。このことにより、ペットの抜け毛が事前にカーペットクリーナに付きますので、部屋にペットの毛が抜けにくくなります。

取替え式のカーペットクリーナーを部屋にかける。
これらの方法も非常に重要になります。

また、今現在ペットを部屋の中で飼っている人は、野外でペットを買うようにしたらいいでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

アルコールアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アルコールにもアレルギーがあるのをご存知でしょうか。 アルコールアレルギーとは、アルコールが体

記事を読む

イネ科アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

イネ科アレルギーとは、イネ科の植物に対して体がアレルギー反応を起こすことをいいます。 イネ科の

記事を読む

日光アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

長時間日光浴をすることで皮がむけたり、肌が赤みを帯びたりすることは珍しくありません。 これは日

記事を読む

電気アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

あまり知られることのない症状ですが、電気製品などから発せられる電磁波に体が過剰反応を起こし、さま

記事を読む

雨アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

雨の日になるとアレルギーの症状が悪化するという人が少なくありません。 そしてこの現象のことを雨

記事を読む

即時型アレルギーの特徴

即時型アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

即時型アレルギーの原因は、アレルギー要素となるアレルゲンが体内に摂取、接触、抵触、侵入をする事に

記事を読む

化粧アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

今や人前に出る際のマナーの一つとして、化粧をすることが当然だという風潮があります。 実際、化粧

記事を読む

ハンノキアレルギーの特徴

ハンノキアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 ハンノキアレルギーとは、花粉症を引き起こすアレルギーの一種です。 ハンノキ

記事を読む

ラベンダーアレルギーの特徴

ラベンダーアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 ラベンダーアレルギーは、ラベンダーそのもの、またはラベンダーの精油、ラベンダ

記事を読む

線香アレルギーの特徴

線香アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

みなさんは線香についてのアレルギーを聞いたことがありますか?実は線香でアレルギー反応が出る人もい

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑