*

バラ科アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/07/18 物理アレルギー


「バラ科」の植物の実は果物のなかでも特にアレルギー症状を起こしやすいと言われています。
バラ科の植物は私達の食生活に大きく関わっており、意外な果物がアレルギーの原因となることもあります。
また、バラ科の果物でのアレルギーは花粉症やラテックスアレルギーとの関連も大きいと言われています。

バラ科の果物にはどんなものがある?

バラ科の果物で代表的なものはリンゴ、いちご、桃、さくらんぼ、ラズベリーなどがあります。
他に梅もバラ科の植物です。
これらバラ科の果物は家庭の食卓やスーパーのフルーツ詰め合わせ、レストランのデザートに使われることも多く、家庭だけの注意ではバラ科アレルギーを防ぐのが難しい面があります。

バラ科アレルギーの症状は?

食べてすぐに口、口の周りの痛み、舌がヒリヒリする、しびれる感じがする、顔が赤く腫れる、体のかゆみや蕁麻疹(じんましん)が出る、咳・鼻水、吐き気、腹痛や下痢などの症状があります。
アナフィラキシーショックなどの重い症状が出ることもあり、酷くなると救急車を呼ぶケースもあります。

バラ科アレルギーと花粉症・ラテックスアレルギーの関係

花粉症を患っている人はバラ科アレルギーを起こしやすい傾向があると言います。
これは花粉症の原因となるアレルゲンとバラ科の果物のアレルゲンが似ているためです。
花粉症の場合、鼻などから体内に花粉が入り込むと体がアレルゲンに反応し、自身を守ろうとするためにくしゃみや鼻水などの症状を引き起こします。
似たアレルゲンを持つバラ科の果物を食べたときにも、同じように体を守ろうとして反応するというわけです。
そのため、花粉症の時期などは果物に気をつけたほうが良いと言われています。
同じく似た構造のアレルゲンを持つラテックス(天然ゴム)類にも注意しましょう。

バラ科アレルギーの予防方法は?

果物を食べたあとに体に異変が起きたら、まずは何の果物を食べて起きたかをメモしておきましょう。
さらに、食卓からその果物を避けるようにするのがポイントです。
アレルギーは症状が起きるときと起こらないときがあり、「前は具合を悪くしたけれど、大丈夫だろう」と食べ続けていると徐々に症状が重くなる場合もあります。
食べるだけではなく、調理の際に果物を切ったり側を剥いたりするだけでもアレルギーを起こすこともあります。
果物の煮汁や果汁にも注意して下さい。

スポンサーリンク

関連記事

no image

コンタクトレンズとアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

コンタクトレンズは眼鏡の煩わしさから開放され、スポーツやファッションを楽しむうえでも大きなメリットが

記事を読む

日焼けアレルギーの特徴

日焼けアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

これは紫外線や太陽の光が肌に当たることにより腫れやかゆみなどが出ます。 意外と知られていない紫

記事を読む

ジェルネイルアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

女性の間でおしゃれの定番となっているジェルネイル。 そんなジェルネイルにもアレルギーがあること

記事を読む

ほこりアレルギー

ほこりアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 家中の細かいほこり、塵などが原因で引き起こします。 これをハウスダストと一

記事を読む

即時型アレルギーの特徴

即時型アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

即時型アレルギーの原因は、アレルギー要素となるアレルゲンが体内に摂取、接触、抵触、侵入をする事に

記事を読む

ほこりアレルギーの特徴

ほこりアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 家中の細かいほこり、塵などが原因で引き起こします。 これをハウスダストと一

記事を読む

昆虫アレルギーの特徴

昆虫アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

昆虫アレルギーの原因は、昆虫に接触をする事により、アレルギー反応を引き起こすものだと考えられます

記事を読む

フェレットアレルギーの特徴

フェレットアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

フェレットアレルギーの原因は、フェレットに接触などをする事によってアレルギーが引き起こるものだと

記事を読む

チモシー アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

チモシーアレルギーという名前自体があまり世の中に出回っていないのでなかなか理解されにくいところが

記事を読む

虫アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

昆虫が嫌いだという人はよく見ますが、果たして、昆虫にもアレルギーは存在するのでしょうか。 実は

記事を読む

水疱性類天疱瘡を詳細に:原因,症状,検査,治療など

水疱性類天疱瘡とは 水疱性類天疱瘡(すいほうせいるいて

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

→もっと見る

PAGE TOP ↑