*

ヒノキアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/07/22 物理アレルギー


花粉症のアレルギー症状を引き起こす春の植物というと、スギを思い浮かべる人がほとんどでしょう。
春の花粉症の原因となる植物は他にもあり、スギ花粉と時期が重なっている代表的なものにヒノキがあります。
ヒノキの花粉は3月から5月にかけて盛んに飛散し、さらにスギのアレルゲンと似た構造を持つため、スギとヒノキの両方が原因で花粉症を患っている人が多くいます。
スギによる花粉症の患者のうち、70%はヒノキに対してもアレルギーを起こす可能性が高いと言われています。

ヒノキによる花粉症の症状

主な症状はスギ花粉症と同じです。
くしゃみ、鼻水、鼻詰まり、痒み、目が赤くなる、まぶたが腫れる、涙が多くなるなどありますが、症状の酷さには個人差があります。
特に薬を飲まなくても日常生活に支障のない人、生活に支障があるほど症状が重い人などさまざまです。
直接花粉と関係がない症状でも、例えば鼻が詰まって鼻呼吸ができないので口呼吸になり、喉が乾きやすくなった、イビキをかくようになったなどを訴える人も多くいます。
また、口呼吸は鼻呼吸による「フィルター効果」がなくなるため、アレルギー体質になりやすくなると言われています。

ヒノキ花粉を予防するために

基本的にはスギの花粉を防ぐ方法と同じです。
花粉予防用のメガネやマスクの着用、花粉がつきにくい衣服を選ぶ、ついても落としやすいような表面がサラサラした材質の衣服を選ぶなど、出かける際の服装も工夫しましょう。
洗濯物をベランダに干すのをやめ、室内干しで対応しましょう。
室内干しは雑菌が発生しやすくなるので、菌が繁殖しにくい環境を考えるのも大切です。
屋内は毛足の長いカーペット、布製のソファカバーなど花粉のたまりやすそうなインテリアを避け、掃除がしやすいものに変えてみましょう。
空気清浄機を使うのも大きな効果があります。
花粉の飛散情報をこまめにチェックして出かける予定を作るなど、まず花粉に触れにくくする工夫も効果的でしょう。

スポンサーリンク

関連記事

光アレルギーの特徴・症状

光アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

光アレルギーについて みなさんは光アレルギーというものがあることを知っていますか? 毎日の生

記事を読む

ほこりアレルギー

ほこりアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 家中の細かいほこり、塵などが原因で引き起こします。 これをハウスダストと一

記事を読む

フェレットアレルギーの特徴

フェレットアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

フェレットアレルギーの原因は、フェレットに接触などをする事によってアレルギーが引き起こるものだと

記事を読む

ゴキブリアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ゴキブリは私たちの生活の中で害虫と呼ばれ、できるだけ遭遇したくないものとして認識されている昆虫で

記事を読む

虫アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

昆虫が嫌いだという人はよく見ますが、果たして、昆虫にもアレルギーは存在するのでしょうか。 実は

記事を読む

チモシー アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

チモシーアレルギーという名前自体があまり世の中に出回っていないのでなかなか理解されにくいところが

記事を読む

温泉アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

寒くなり冬が近づいてくると、温泉が恋しくなるという人は多いでしょう。 混浴ができる温泉や、美容

記事を読む

アルテルナリアアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アルテルナリア、日常ではあまり聞くことのない単語です。 これはカビアレルギーの一種である、アル

記事を読む

バリウムアレルギーの特徴

バリウムアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

バリウムアレルギーの原因は、バリウムを体内に摂取する事により、アレルギー反応を引き起こすものだと

記事を読む

造影剤アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

造影剤というものを知っているでしょうか。 医療の現場で用いられる医薬品で、主に体内に注入して使

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑