*

段ボールアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/07/12 物理アレルギー


さまざまな場面でその汎用性の高さを披露してくれる段ボールですが、「段ボールに触るとアレルギー反応が出る」という人がいます。
「もしやそれは段ボールアレルギーでは?」と思うかもしれませんが、段ボールアレルギーという名前はあまり耳にしません。
ここでは、段ボールとアレルギーの関係性についてお話していきたいと思います。

段ボールアレルギー

「段ボールに触ったら、体がかゆくなったり、皮膚が赤みがかったり、まるでアレルギーのような症状が出た」と話す人がいます。
世の中には数えきれない種類のアレルギーが存在するので、段ボールアレルギーが実在してもおかしくはありません。
しかし、例えば「前に触ったときはなんともなかった」という場合だと、段ボールアレルギーである可能性が薄れます。
その場合、段ボールに付着していたほかの繊維によるアレルギーだと考えられます。
もしくは、段ボールに含まれるほかの成分によるアレルギーだという可能性もあります。
しかし段ボールアレルギーでないと一概には判断できませんので、気になったら病院へ行って検査を受けてみると良いでしょう。

アレルギーによる症状

段ボールに触れた際に引き起こされるのは、上記でも挙げたように皮膚がかゆくなったり腫れたりする症状です。
これはほかのアレルギーにも共通して言えることですが、皮膚に異常が起こった場合むやみやたらに触ったり、掻いたりしてはいけません。
どうしても気になってしまうのは仕方がないですが、下手に触れると症状の悪化につながることがあります。
アレルギー反応が起こったら、速やかに症状が出た箇所を冷やし、それでもおさまらない場合は医師の診察を受けてください。

アレルギー反応を避けるために

症状が出るとつらいですので、極力アレルギー反応を起こさないようにしましょう。
段ボールに触れるとアレルギー反応を起こすというのならば、段ボールに触れないように心がけ、念のため材質が似ている紙類等も避けてください。
仮に段ボールアレルギーだとした場合、他の紙類でも同じようなアレルギー反応を起こす場合があるからです。
それと、最近では対症療法を行っている病院も多いので、気になったら相談に行ってみるとよいでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

洗剤アレルギーの特徴

洗剤アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

洗剤アレルギーの原因は、ある特定の洗剤を使用し、それらが肌に触れるなどする事によって、引き起こす

記事を読む

イネ科アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

イネ科アレルギーとは、イネ科の植物に対して体がアレルギー反応を起こすことをいいます。 イネ科の

記事を読む

バラ科アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

「バラ科」の植物の実は果物のなかでも特にアレルギー症状を起こしやすいと言われています。 バラ科

記事を読む

化学物質アレルギーの特徴

化学物質アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

化学物質アレルギーの原因は、化学物質で作られたものに接触、抵触などをする事によって、アレルギー反

記事を読む

キク科アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

キク科の植物が原因でアレルギー症状を起こす場合、キク科アレルギーである可能性が高いと言えます。

記事を読む

化繊アレルギーの特徴・症状

化繊アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

化繊アレルギーについて みなさんはについて知っていますか? 化繊アレルギー実は化学繊維が肌に

記事を読む

アニサキスアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アニサキスアレルギーとは、海にいる魚に寄生するアニサキスという虫によって引き起こされるアレルギー

記事を読む

海水アレルギーの特徴

海水アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 海水アレルギーとは、海水に入る、海水に身体の一部でも浸かるなどといった状況に

記事を読む

季節性アレルギーの特徴

季節性アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 季節性アレルギーの原因は、花粉症など空気中に伝って起こるある一定に季節に

記事を読む

化粧品アレルギーの特徴

化粧品アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

化粧品アレルギーについて 女性であれば多くの人が使用している化粧品ですが、その化粧品でアレルギ

記事を読む

水疱性類天疱瘡を詳細に:原因,症状,検査,治療など

水疱性類天疱瘡とは 水疱性類天疱瘡(すいほうせいるいて

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

→もっと見る

PAGE TOP ↑