*

ナイロンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/09/10 物理アレルギー


いまや天然素材の洋服などよりいろいろな面において機能なども優れているといわれている、化学繊維の素材の服や装飾品など。

化学繊維でできた服などを着て出かけて、肌がかゆくなったりかぶれたりすることはありませんか。

ここではナイロンを含めた化学繊維に対するアレルギーについて考えていきたいと思います。

ナイロン(化学繊維)アレルギーの原因

綿や絹、麻などの天然素材に対し、石油を原料として天然素材になかった性質の素材を科学的に作られたのがナイロンを含む化学繊維です。

天然素材よりも大量生産ができ、コストも安く抑えられるほか、天然素材には出せないような魅力もあるので衣類やインナー、寝具などにも多く用いられています。

このナイロンなどに使われている原料の化学繊維に対してアレルギー反応を起こしてしまうのがナイロン(化学繊維)アレルギーです。

ナイロンアレルギーの症状

ナイロンアレルギーはナイロンの化学繊維に肌が接することによって反応を起こす接触皮膚炎です。

症状としては
・かゆみ
・発疹
・皮膚の発赤
・かぶれ
・ただれ
などがあります。

衣類だけではなく、寝具やストッキング、靴、女性用の生理用ナプキンなど素肌に触れる部分にナイロンがある場合には注意が必要です。

一方ナイロンアレルギーは通年製のアレルギーですが、乾燥の激しい時期に化学繊維でかゆみや刺激のある場合は、アレルギーではなく乾燥肌による刺激への弱さによって症状が起こることがあり、これらはナイロンアレルギーとは別に考えられています。

ナイロンアレルギーの対策

本当にナイロンアレルギーなのかどうか確かめる

ナイロンアレルギーと信じて、ナイロン製の素材のものを避けているのに、なぜかかゆみがおさまらないなどといったことも多いです。
決して面倒がらずに、自分が何が原因でアレルギーを引き起こしているのかしっかり調べましょう。

ナイロンアレルギーと診断された場合には

ナイロンの含まれている商品すべてに対してアレルギー症状を引き起こす可能性があります。
自分が普段何気なく身に付けているものをよく見てみましょう。
たとえ少量でもナイロン製品が含まれているとアレルギー症状が出ますので、できるなら天然素材のものに変えましょう。

肌の保湿に心がける

ナイロンアレルギーの人はもちろんのこと、ナイロンアレルギーでない人も、肌が乾燥することによって症状が悪化したり、本来は出ないはずの症状が出ることがあるので、常に肌に潤いを与えることが大切です。

スポンサーリンク

関連記事

ラベンダーアレルギーの特徴

ラベンダーアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 ラベンダーアレルギーは、ラベンダーそのもの、またはラベンダーの精油、ラベンダ

記事を読む

アルコールアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アルコールにもアレルギーがあるのをご存知でしょうか。 アルコールアレルギーとは、アルコールが体

記事を読む

水道水アレルギー

水道水アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

水道水について みなさんの生活には欠かせない水道水ですが実は水道水でアレルギーが出る人がいるの

記事を読む

草アレルギーの特徴

草アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

草アレルギーの原因は、草に接触、抵触をする事により、アレルギー反応を引き起こすものと考えられます

記事を読む

ネイルアレルギーの特徴

ネイルアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ネイルアレルギーの原因は、ネイル(マネキュア)が爪(特に身体に付着する部分)をつける事によって、

記事を読む

ハンノキアレルギーの特徴

ハンノキアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 ハンノキアレルギーとは、花粉症を引き起こすアレルギーの一種です。 ハンノキ

記事を読む

カンジダ菌アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

カンジダ菌というと、女性の性病を思い浮かべる人が多いかもしれません。 しかし実際はカンジダ菌は

記事を読む

ゴキブリアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ゴキブリは私たちの生活の中で害虫と呼ばれ、できるだけ遭遇したくないものとして認識されている昆虫で

記事を読む

化粧アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

今や人前に出る際のマナーの一つとして、化粧をすることが当然だという風潮があります。 実際、化粧

記事を読む

温泉アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

寒くなり冬が近づいてくると、温泉が恋しくなるという人は多いでしょう。 混浴ができる温泉や、美容

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑