*

コナヒョウダニアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/06/03 物理アレルギー


コナヒョウダニアレルギーとは、喘息やアトピー性皮膚炎の原因ともされるヒョウダニ類にアレルギー反応を見せることを言います。
コナヒョウダニは室温が高くなるにつれて生息数が増え、活動のピークは初夏の頃です。
アレルギーの症状を引き起こすのは生きているコナヒョウダニではなく、主にその糞と死骸です。
コナヒョウダニの糞や死骸を鼻から吸い込むことでアレルギーの症状を引き起こします。

コナヒョウダニアレルギーの主な症状

子供の喘息患者の9割は、ダニに対するアレルギーを持っていると言われます。
糞、死骸を吸い込むことでの発作や、空気中に舞い上がったそれらが肌に触れることでのかゆみ、赤み、粘膜を刺激することでの目の赤みや涙が増えたり、鼻炎などの症状があります。
コナヒョウダニが死骸となるのは8月から9月ごろなので、秋頃からの目や鼻のかゆみ、咳を感じた場合はコナヒョウダニアレルギーの可能性もあると言えるでしょう。

コナヒョウダニを減らすために

日本の家庭の中で、ダニが住んでいない家はないと言われます。
どんな家庭にもダニは住んでいるものと思ったほうが良いでしょう。
ダニが住みやすく、人間への影響も起こりやすいのが、一日のうち6時間以上は接することになる寝具です。
家庭用の掃除機で充分なので、布団の裏表どちらにもていねいに掃除機をかけます。
頻度は二週間に一度程度で良いので、生活の習慣にすることを心がけてください。
ダニが好むのは人間の皮膚からはがれたフケやアカなので、掃除をしっかりすることはもちろんですが、自身の体を清潔に保つことも大切です。
部屋の換気をして湿気がこもらないようにするのも、湿気を好むダニの対策には有効です。
ダニが住処としやすいカーペットをやめてフローリングで生活するのも効果があります。
子供のいる家ではぬいぐるみなどを定期的に洗って清潔を保ったり、触れることの多いソファーなどをすぐにカバーが取り替えられるものにしたりといった工夫もできます。

スポンサーリンク

関連記事

段ボールアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

さまざまな場面でその汎用性の高さを披露してくれる段ボールですが、「段ボールに触るとアレルギー反応

記事を読む

うさぎアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

うさぎはペットとしても大変人気のある動物です。 室内にケージを置いて、ペット用のうさぎとの生活

記事を読む

ニキビアレルギーの特徴

ニキビアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 ニキビアレルギーの原因は、顔の中にあるアクネ菌が繁殖、増殖を繰り返して引

記事を読む

洗剤アレルギーの特徴

洗剤アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

洗剤アレルギーの原因は、ある特定の洗剤を使用し、それらが肌に触れるなどする事によって、引き起こす

記事を読む

昆虫アレルギーの特徴

昆虫アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

昆虫アレルギーの原因は、昆虫に接触をする事により、アレルギー反応を引き起こすものだと考えられます

記事を読む

電気アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

あまり知られることのない症状ですが、電気製品などから発せられる電磁波に体が過剰反応を起こし、さま

記事を読む

ダニアレルギーの特徴

ダニアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ダニアレルギーについて みなさんはダニアレルギーについてどの様な感想をお持ちですか? 実はダ

記事を読む

化繊アレルギーの特徴・症状

化繊アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

化繊アレルギーについて みなさんはについて知っていますか? 化繊アレルギー実は化学繊維が肌に

記事を読む

草アレルギーの特徴

草アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

草アレルギーの原因は、草に接触、抵触をする事により、アレルギー反応を引き起こすものと考えられます

記事を読む

ほこりアレルギーの特徴

ほこりアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 家中の細かいほこり、塵などが原因で引き起こします。 これをハウスダストと一

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑