*

カビアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/06/25 物理アレルギー


高温多湿な日本の環境はカビが好みやすく、発生もしやすい環境となっています。
特に初夏から真夏にかけてはカビの発生しやすい季節なので、カビに負けない家作りを考えるのがポイントとなってきます。
カビはアレルギーが発症する原因としても非常に多いので、カビ対策を知ることは家族をアレルギーから守ることにも繋がります。

カビの発生しやすい場所、環境

カビは高温多湿を好み、気に入った場所ではあっという間に大量発生します。
常に湿気のこもりやすいお風呂場や台所付近、ウォーターサーバー付近、室内の鉢植えの受け皿など、カビが繁殖しやすい場所は家の中にたくさんあります。
お風呂場の場合は換気のほか、入浴後にシャワーで水を出し、洗い場全体を軽く流して温度を下げたあと、水分を拭き取るなどの工夫ができます。
ウォーターサーバーも水が垂れていないかのチェックを習慣化するのが良いでしょう。
また、鉢植えに水をあげたあとは、受け皿の水を捨てるようにするのもポイントです。
家のどこでも大切なのは窓をあけての換気と、水分を溜め込まないことになります。
洗濯物の部屋干しが習慣になっている家庭では、除湿機を導入するなど、湿度との付き合いが快適になるグッズを取り入れるのも一つの方法です。

カビアレルギーの主な症状

カビアレルギーでは、花粉症と似た症状がみられます。
くしゃみ、鼻水が頻繁に出たり、目が赤くなり痒みを伴う結膜炎も起こります。
そのほか、めまいや頭痛を引き起こす場合もあります。
空気中に漂うカビの胞子を鼻や口から吸い込むことでアレルギー症状を起こします。

カビアレルギーの予防方法

まず、カビが発生しにくい環境を心がけることがポイントです。
それに加え、喉や鼻の洗浄を加えると症状が和らぐ場合もあります。
高温多湿でカビが発生しやすい季節というと夏を思い浮かべると思いますが、換気が少なくなり暖房による窓の結露が多くなる冬もカビの発生しやすい季節です。
カビの対策は夏だけではなく、一年を通して意識していきましょう。

スポンサーリンク

関連記事

咽頭アレルギーの特徴

咽頭アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 咽頭アレルギーの原因は、花粉症などのアレルゲンがきっかけで発症するケース

記事を読む

雑草アレルギーの特徴

雑草アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

雑草アレルギーの原因は、主に雑草に紛れて飛来してくる花粉を体内に取り入れてしまう事が多いように見

記事を読む

ナイロンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

いまや天然素材の洋服などよりいろいろな面において機能なども優れているといわれている、化学繊維の素

記事を読む

プラスチックアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因として、珍しいものにプラスチックがあります。 プラスチックが製造される過程で使

記事を読む

海水アレルギーの特徴

海水アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 海水アレルギーとは、海水に入る、海水に身体の一部でも浸かるなどといった状況に

記事を読む

杉アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

あたたかくなり春が訪れると、心配されるのは杉花粉によるアレルギーです。 現在は多種多様なアレル

記事を読む

ジェルネイルアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

女性の間でおしゃれの定番となっているジェルネイル。 そんなジェルネイルにもアレルギーがあること

記事を読む

布団アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

人間はどんなに健康であっても、一日の仕事が終われば次の日のために布団に横になって休みます。

記事を読む

羽毛布団アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

現在日本には、数えきれないほどのアレルギーが存在しています。 金属アレルギーや食物アレルギー、

記事を読む

プールアレルギー

プール塩素アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

プール塩素アレルギーとは? みなさんはプール塩素アレルギーという言葉を聞いたことがありますか?

記事を読む

水疱性類天疱瘡を詳細に:原因,症状,検査,治療など

水疱性類天疱瘡とは 水疱性類天疱瘡(すいほうせいるいて

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

→もっと見る

PAGE TOP ↑