*

砂アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/03/27 物理アレルギー

砂アレルギーの特徴

砂アレルギーとは?

みなさん砂アレルギーを知っていますか?実は砂アレルギーというものが症状としてあるのです。
これは肌に砂がついてしまうと、蕁麻疹が出て、かゆみが起るものです。
また、砂かぶれ皮膚炎とも言われます。
病院に言ったら砂かぶれ皮膚炎と診断されたら砂アレルギーであると言えます。
砂場が幼稚園にあり、砂遊びをする幼稚園児がかかる場合も多くなっています。
今回はあまり馴染みのない砂アレルギーについてご紹介します。

受診する科目

はやり、皮膚科やアレルギー専門の皮膚科になります。
幼稚園児が砂遊びをしていて砂アレルギーになることがあるようです。
やはり、実際に砂アレルギーになった人は大変なようです。
長袖や長ズボン。
長靴やゴム手袋で砂に触れないようにしましょう。

砂アレルギーの実際の症状

砂アレルギーの実際の症状ですが、砂があたった箇所の皮膚が腫れたり、痒みがでたりします。
水疱が出来る場合もあるようです。
もしそのような症状がでたら、皮膚科のお医者さんを受診するか、アレルギー専門医を受診するようにしましょう。

なぜ砂でアレルギーが起るの?

なぜ砂でアレルギーが起るのでしょうか?砂の中にある金属性の物質がアレルギー症状をひこ起こすと考えられています。
また、最近の研究では、砂の中にいる菌がアレルギー反応をひこ起こすという学説もあります。
幼稚園などでは裸足で遊ぶことも多いようなので、足の裏に砂アレルギーが出て、かぶれたりすることもあるようです。

治療法は?

やはり、病院にいって処方された薬を飲むことが大事です。
また、砂アレルギーの症状が出て、しばらく休むと治るというケースもあるようなので、休息を取ることが必要になります。

砂アレルギーが出やすい園児の症状

砂アレルギーになりやすい季節は冬の終わりから春先にかけてが一番砂アレルギーの症状が出やすいようです。
足の場合は水虫の可能性もありますので、病院に言って検査をしてもらいましょう。

スポンサーリンク

関連記事

キク科アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

キク科の植物が原因でアレルギー症状を起こす場合、キク科アレルギーである可能性が高いと言えます。

記事を読む

コラーゲンアレルギーの特徴

コラーゲンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 コラーゲンアレルギーの原因は、コラーゲンを体内に摂取する事により、コラー

記事を読む

段ボールアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

さまざまな場面でその汎用性の高さを披露してくれる段ボールですが、「段ボールに触るとアレルギー反応

記事を読む

昆虫アレルギーの特徴

昆虫アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

昆虫アレルギーの原因は、昆虫に接触をする事により、アレルギー反応を引き起こすものだと考えられます

記事を読む

チモシー アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

チモシーアレルギーという名前自体があまり世の中に出回っていないのでなかなか理解されにくいところが

記事を読む

アルテルナリアアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アルテルナリア、日常ではあまり聞くことのない単語です。 これはカビアレルギーの一種である、アル

記事を読む

ゴキブリアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ゴキブリは私たちの生活の中で害虫と呼ばれ、できるだけ遭遇したくないものとして認識されている昆虫で

記事を読む

電磁波アレルギーの特徴

電磁波アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

電磁波アレルギーとは 電磁波アレルギーとは何でしょうか?電磁波アレルギーとは、別名電磁波過敏症

記事を読む

コナヒョウダニアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

コナヒョウダニアレルギーとは、喘息やアトピー性皮膚炎の原因ともされるヒョウダニ類にアレルギー反応

記事を読む

線香アレルギーの特徴

線香アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

みなさんは線香についてのアレルギーを聞いたことがありますか?実は線香でアレルギー反応が出る人もい

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑