*

繊維アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/03/11 物理アレルギー

繊維アレルギーの特徴
繊維アレルギーの原因は、化学繊維によって作られた服、雑貨、寝具などを身につける、接触、抵触をする事によって、アレルギー反応を引き起こしてしまうアレルギーであると考えられます。
繊維アレルギーの一因となるものは、人によって様々であると思われます。

症状

繊維アレルギーの症状は、全身、または身体の一部に赤み、痒み、蕁麻疹、発疹、湿疹、かぶれ、水疱などの皮膚的症状が一般的に多いように見受けられます。

特徴

繊維アレルギーの特徴は、アクリル、ポリエステルなどの合成繊維で作られている繊維、半合成繊維や混合繊維などに接触、抵触する事でアレルギー反応を発症をしてしまうのが特徴といえるでしょう。
また、どの繊維によってアレルギーを発症するかは、人それぞれによるかと思われます。

治療

繊維アレルギーの治療は、皮膚的症状を発症した場合は、皮膚科の専門医に受診をしましょう。
また、繊維が口から侵入する事で、ぜん息など呼吸困難的症状を引き起こした場合は、内科、または呼吸器科などの専門医に受診をするようにしましょう。
出来る事なら、アレルギー科のある専門医に受診をし、どの繊維でアレルギー反応を引き起こすのかを、しっかりとアレルギー検査、血液検査をする事をお勧めします。

注意点

繊維アレルギーの注意点は、乳幼児や皮膚に過敏に反応しやすい人には、繊維アレルギーを発症しやすいといえるかもしれません。
筆者自身もそうですが、お気に入りの服を着ているだけで、腕から手の甲に痒みやかぶれまで発症し、水疱まで現れている事があります。
調べてみるとタグには、『アクリル100%』と、しっかりと品質表示に書かれています。
筆者のように、皮膚的症状が現れた場合は、そうした衣類を着るのを止め、綿類の衣類を着るようにしましょう。
また、綿類の衣類を着ていても、首の後ろに大抵あるタグの部分は、合繊繊維で出来ているものが多いので、そこから痒み、かぶれなどを引き起こす場合もあります。(筆者の子供がそうでした)
そうした場合も、注意をするようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

ゴムアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ゴムアレルギーは、天然ゴムを使用した製品に触れることで起こるアレルギー症状のことを言います。

記事を読む

フェレットアレルギーの特徴

フェレットアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

フェレットアレルギーの原因は、フェレットに接触などをする事によってアレルギーが引き起こるものだと

記事を読む

プラセンタアレルギーの特徴

プラセンタアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 プラセンタアレルギーの原因は、プラセンタを体内に摂取する事で、プラセンタ

記事を読む

羽毛布団アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

現在日本には、数えきれないほどのアレルギーが存在しています。 金属アレルギーや食物アレルギー、

記事を読む

布団アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

人間はどんなに健康であっても、一日の仕事が終われば次の日のために布団に横になって休みます。

記事を読む

インコアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

セキセイインコなど、小鳥をペットとしてかわいがっている人は多いでしょう。 しかし、インコを飼い

記事を読む

アルテルナリアアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アルテルナリア、日常ではあまり聞くことのない単語です。 これはカビアレルギーの一種である、アル

記事を読む

温熱アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

寒い時期など、お風呂にはいったり暖房機器を利用して温まるのは、ごく普通のことです。 しかし、暖

記事を読む

化学物質アレルギーの特徴

化学物質アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

化学物質アレルギーの原因は、化学物質で作られたものに接触、抵触などをする事によって、アレルギー反

記事を読む

犬アレルギー

犬アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 犬の体毛、体毛に付いているダニなどに犬アレルギーを発症する場合と、犬その

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑