*

洗剤アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/03/13 物理アレルギー

洗剤アレルギーの特徴
洗剤アレルギーの原因は、ある特定の洗剤を使用し、それらが肌に触れるなどする事によって、引き起こすアレルギーであると思われます。
洗剤アレルギーの場合は、洗剤の原料、症状の出具合などは、人によって様々であるように見受けられます。

症状

洗剤アレルギーの症状は、頭痛、頭重、吐き気、嘔吐などの内科的、消化器系的症状や、全身、または身体の一部に赤みや痒み、乾燥、湿疹、発疹、蕁麻疹などの皮膚的症状などがあげられます。
また、これらの症状以外でも、特定の洗剤を使用した事によって症状が引き起こされたのであれば、洗剤アレルギーかも?と疑問に思ってもいいかもしれません。

特徴

洗剤アレルギーの特徴は、合成されている洗剤、柔軟剤などから洗剤アレルギーを引き起こすケースが多いようです。
また、洗剤アレルギーから化学繊維アレルギー、化学物質アレルギーを併発する事もあるようです。
特に、スーパー、ドラッグストアなどで販売されているような香りのする洗剤、柔軟剤をきっかけに洗剤アレルギーを引き起こすように見受けられます。

治療

洗剤アレルギーの治療は、内科的症状、消化器系的症状を発症した場合は内科、もしくは消化器科に、皮膚的症状を発症した場合は皮膚科などの専門医に受診をしましょう。
そして、出来る事ならアレルギー科のある専門医に受診をし、アレルギー検査もするようにしましょう。

注意点

洗剤アレルギーの注意点は、合成洗剤、合成柔軟剤などがきっかけで洗剤アレルギーを発症した場合は、洗剤や柔軟剤を変えてみるようにしましょう。何も調合されていない粉石けん、粉洗剤などを使用してみるといいかもしれません。
また、上記の特徴にも記載したように、香りのする(特にハーブ系、アロマ系)などは、人によって向き不向きがあります。
筆者自身も、以前はローズ系、ラベンダー系が平気でしたが、今では微量の香りでさえもキツく感じてしまい、香りによっては頭痛や吐き気などを引き起こす事もあります。
そうした症状は、身体が『これは(体質的に)受け付けないよ』と、発信をしているとお考え下さい。
ただし、そうした洗剤や柔軟剤以外でもアレルギー的症状を引き起こす場合は、アレルギー科の専門医に相談をするといいでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

ネイルアレルギーの特徴

ネイルアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ネイルアレルギーの原因は、ネイル(マネキュア)が爪(特に身体に付着する部分)をつける事によって、

記事を読む

草アレルギーの特徴

草アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

草アレルギーの原因は、草に接触、抵触をする事により、アレルギー反応を引き起こすものと考えられます

記事を読む

ジェルネイルアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

女性の間でおしゃれの定番となっているジェルネイル。 そんなジェルネイルにもアレルギーがあること

記事を読む

ヒノキアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

花粉症のアレルギー症状を引き起こす春の植物というと、スギを思い浮かべる人がほとんどでしょう。

記事を読む

ナイロンアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

いまや天然素材の洋服などよりいろいろな面において機能なども優れているといわれている、化学繊維の素

記事を読む

酒アレルギーの特徴

酒アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

酒アレルギーについて みなさんは酒アレルギーについて知っていますか? これはお酒やアルコール

記事を読む

造影剤アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

造影剤というものを知っているでしょうか。 医療の現場で用いられる医薬品で、主に体内に注入して使

記事を読む

光アレルギーの特徴・症状

光アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

光アレルギーについて みなさんは光アレルギーというものがあることを知っていますか? 毎日の生

記事を読む

ペットアレルギーの特徴

ペットアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ペットアレルギーについて みなさんはダニアレルギーなどは聞いたことがあるでしょうが、ペットアレ

記事を読む

プラスチックアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因として、珍しいものにプラスチックがあります。 プラスチックが製造される過程で使

記事を読む

水疱性類天疱瘡を詳細に:原因,症状,検査,治療など

水疱性類天疱瘡とは 水疱性類天疱瘡(すいほうせいるいて

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

→もっと見る

PAGE TOP ↑