*

太陽アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

公開日: : 最終更新日:2015/03/11 物理アレルギー

太陽アレルギーの特徴
太陽アレルギー原因は、太陽の光や紫外線に全身、または身体の一部が当たると、アレルギー反応を引き起こすものと考えられます。
また、太陽アレルギーは、症状の出具合などが人それぞれでもあり、あまり太陽アレルギーそのものに罹る人が多くない上、完治が中々難しいように見受けられます。

症状

太陽アレルギーの症状は、全身、または身体の一部に赤み、痒み、湿疹、発疹、かぶれ、蕁麻疹などといった皮膚的症状が多いです。
また、少量の太陽に当たっただけでも、酷い皮膚的症状を引き起こすケースもあったりします。

特徴

太陽アレルギーの特徴は、上記にもあるように、太陽アレルギーを発症する方がいる割には、太陽アレルギーそのものを知っている人が少ないのが特徴と言えるかも知れません。
また、成人前までは平気だったのが、成人になってから何かしらのきっかけで太陽アレルギーを発症するようになった・・・といったケースもあったりします。

治療

太陽アレルギーの治療としては、皮膚的症状を発症したら、皮膚科などの専門医に受診をしましょう。
また、何がアレルギー要素(アレルゲン)であるかを、しっかりとアレルギー検査をするよう、強くお勧めします。
そして、皮膚科、アレルギー科などの専門医の下で、相談をするといいでしょう。

注意点

太陽アレルギーの注意点は、上記にもあるように、少量の太陽の光や紫外線に当たっただけでも酷い皮膚的症状を引き起こすケースもあります。
とはいえ、何もしないよりかは、皮膚科などの専門医に受診をした方がいいのはもちろんです。
ただし、専門医から処方される薬がきっかけで、さらに症状が酷くなる場合もあったりするので、注意が必要です。
また、日中に外出する際は、太陽に皮膚を当たらせないよう、帽子、日傘、日よけ用の手袋など、ある程度の予防策は必要であるといえるでしょう。
太陽アレルギーは、1度発症すると、完治が難しいと聞かれます。
しかし、根気強く治療をしていくようにしていきましょう。

スポンサーリンク

関連記事

ゴムアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ゴムアレルギーは、天然ゴムを使用した製品に触れることで起こるアレルギー症状のことを言います。

記事を読む

紙アレルギーの特徴・症状

紙アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

紙アレルギーについて みなさんは紙アレルギーが存在することを知っていますか? 日常生活の様々

記事を読む

ほこりアレルギーの特徴

ほこりアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アレルギーの原因 家中の細かいほこり、塵などが原因で引き起こします。 これをハウスダストと一

記事を読む

化粧アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

今や人前に出る際のマナーの一つとして、化粧をすることが当然だという風潮があります。 実際、化粧

記事を読む

マスクアレルギーの特徴

マスクアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

マスクアレルギーの原因は、マスクそのものにアレルギー要素があるとは考えにくいように思われます。

記事を読む

ダニアレルギーの特徴

ダニアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

ダニアレルギーについて みなさんはダニアレルギーについてどの様な感想をお持ちですか? 実はダ

記事を読む

アルコールアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

アルコールにもアレルギーがあるのをご存知でしょうか。 アルコールアレルギーとは、アルコールが体

記事を読む

化粧品アレルギーの特徴

化粧品アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

化粧品アレルギーについて 女性であれば多くの人が使用している化粧品ですが、その化粧品でアレルギ

記事を読む

革アレルギーの特徴

革アレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

革アレルギーとは? みなさんは革アレルギーを知っていますか?これは皮膚に皮製品が触れただけでア

記事を読む

ハウスダストアレルギーの特徴・症状・対策・仕組みなど

数あるアレルギーの中でも一番身近で、一番多くの人がかかっているのがハウスダストアレルギーです。

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑