*

自己免疫性視神経症の原因・症状・検査・治療について

公開日: : 自己免疫疾患

自己免疫性視神経症の原因

自己免疫性視神経症は目に生じる自己免疫疾患で、特に20~30代の女性に多いとされています。
自己免疫性視神経症は眼の視神経に対していくつかの自己抗体が生じて、攻撃されることで炎症状態となることを言います。
自己抗体標的となるのは、視神経を包む髄鞘にまで比較的広範囲におよびます。

自己抗体は抗カルジオリピン抗体や抗核抗体、抗S、S-A、B抗体、MPC-ANCA抗体のほか、いくつかの種類が確認されています。
眼球に入る視覚情報は、眼球からうしろに通る視神経を介して大脳の後頭葉の視覚中枢に投影されます。
しかし、眼球のうしろに位置する視神経が炎症状態となると、視神経がうまく機能しなくなってしまいます。
それがこの疾患で、球後視神経炎とも呼ばれます。

なぜ自己抗体が形成されるのかははっきりわかっていませんが、風邪などのウイルス感染が契機になっているという説があります。
しかし、なぜ視神経に対する抗体がつくられるのかといったことは解明にはいたっていません。

自己免疫性視神経症の症状

自己免疫性視神経症の多くは、片眼のみで進行すると言われています。
視力が低下し、眼球の深部に痛みが生じます。

はじめは片方の眼のみで症状は起こりますが、悪化すると両眼に症状があらわれるようになります。
さらに悪化すると、多発性硬化症が引き起こされることもあります。
多発性硬化症は中枢神経系の脱髄疾患に含まれる疾患です。

人間の神経活動は、神経細胞に生じた細い神経の線を伝達する電気活動によって行われます。
この神経の線がこわれないように髄鞘というもので包まれています。
この髄鞘が破壊されてなかの神経が出てしまうのが、脱髄疾患です。

この状態が斑状であらゆる場所に小事、病気の再発が繰り返されるのが多発性硬化症です。
国の難病指定の対象となっている疾患なので、自己免疫性視神経症によって多発性硬化症が起きないように早めに対処することが大切です。

スポンサーリンク

関連記事

自己免疫性肝炎の原因・症状・治療・予防とは

自己免疫性肝炎(じこめんえきせいかんえん)とは、多くの場合は慢性的な経過をたどる肝炎で、指定

記事を読む

自己免疫性好中球減少症の原因・症状・検査・治療について

自己免疫性好中球減少症の原因 血液に含まれる好中球が激減することを好中球減少症と言います。

記事を読む

慢性円板状エリテマトーデスの原因・症状・検査・治療について

慢性円板状エリテマトーデスの原因 慢性円板状エリテマトーデスは皮膚疾患のひとつで、鱗に似た赤い

記事を読む

1型糖尿病の原因・症状・検査・治療について

1型糖尿病の原因 インスリンを生成する膵臓を形作る細胞が、破壊もしくは消失することで起こる疾患

記事を読む

特発性血小板減少性紫斑病の原因・症状・検査・治療について

特発性血小板減少性紫斑病の原因 特発性血小板減少性紫斑病は、厚生労働省による特定疾患に指定され

記事を読む

自己免疫性内耳障害の原因・症状・検査・治療について

自己免疫性内耳障害の原因 自己免疫性内耳障害は免疫担当細胞もしくは自己抗体によって起こる、内耳

記事を読む

原発性硬化性胆管炎の原因・症状・検査・治療について

原発性硬化性胆管炎の原因 原発性硬化性胆管炎は、慢性化した炎症の影響で胆管が細くなって、胆汁が

記事を読む

類天疱瘡の原因・症状・検査・治療について

類天疱瘡の原因 類天疱瘡は皮膚に水疱性皮疹が生じる自己免疫性皮膚疾患のひとつで、高齢者に多く見

記事を読む

原発性胆汁性肝硬変の原因・症状・検査・治療について

原発性胆汁性肝硬変は慢性進行性の肝臓の病気です。 肝臓は「人体の工場」と呼ばれるほどさまざまな

記事を読む

ギラン・バレー症候群の原因・症状・検査・治療について

ギラン・バレー症候群の原因 ギラン・バレー症候群は筋肉の動作に欠かせない運動神経に障害が起こり

記事を読む

グッドパスチャー症候群を詳細に:原因,症状,検査,治療など

グッドパスチャー症候群(ぐっどぱすちゃーしょうこうぐ

B細胞と抗体による体液性免疫

免疫には抗体が関係する体液性免疫、そして抗体が関係しない

免疫グロブリン製剤の働き・取り方・副作用・代表的な製剤などについて

人間の体は血漿成分によってさまざまな脅威から保護されてお

リンパ組織とは

生体防御のなかで重要な役割を果たすものをリンパ球といい、

自然免疫と適応免疫

免疫にはいくつか種類があり、自然免疫と適応免疫も免疫のひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑